CCDE 実技試験

    CCDE 実技試験の概要

    Cisco CCDE® 実技試験 バージョン 2.0 は 8 時間のシナリオベースの試験です。ネットワークのプロフェッショナルとして必要な知識を身に付けていることを検証します。ネットワーク機能の要件を収集して明らかにする、機能上の仕様を満たしたネットワーク設計を開発する、実装計画を作成する、設計に関する決定事項とその根拠を伝えるなどの能力のほか、ネットワーク インフラストラクチャに関するエキスパートレベルの知識を備えていることを検証します。CCDE 試験では、コードのバージョンを含む製品知識や、特定のコンセプトの導入、運用については出題されません。

     

    CCDE 筆記試験に合格すると CCDE 実技試験を予約できます。CCDE 実技試験で出題されるトピックは、試験内容に記載されています。試験のシナリオは毎回変わる可能性がありますが、トピックに変更はありません。

     

    試験の日時と場所

    試験の完全性を保ち不正を防止するため、CCDE 実技試験は定められた日時に適切な設備を持つ既定のテスト センター(Pearson Professional Centers (PPCs) )で実施されます。 PPCは、試験と受験者の整合性を保護します。テストセンターでは、テスト センターは、最新のテクノロジーとベスト プラクティスを活用することで、十分なセキュリティを備え、長時間のテストに適した環境が整えられています。

     

    実技試験の受験

    (このコンテンツにアクセスするには、ログインする必要があります)

     

    試験の登録について (英語)

     

    受験料

    CCDE 実技試験に、交通費および宿泊費は含まれません。受験料は、為替レートおよび地方税(ブリュッセルの VAT やシドニーの GST など)によって異なります。受験料支払いの際に発生する金融機関への手数料については、すべて受験者の負担となります。受験料は固定ではなく予期無く変更される場合があり、その場合ご連絡させて頂く金額にてお支払いをお願いする可能性があります。ラボ試験の詳細については、「CCDE ポリシー」を、申し込みの詳細については、「Take the Practical Exam」 を参照してください。

     

    試験環境

    この試験は、厳選されたテストセンターでのみ実施されます。ピアソン プロフェッショナル センターのビデオ ツアー:ピアソン プロフェッショナル センター (PPC) (英語) で、実際の CCDE 実技試験で使用されるテスト環境をご覧いただけます。試験会場に参考資料を持ち込むことはできません。機器に問題があると思われる場合は、必ず試験時間内に試験官にお申し出ください。試験の終了後は対応できません。

     

    試験形式

    CCDE 実技試験の所要時間は、8 時間です。試験は 4 セクションで構成され、セクションごとにシナリオが異なります。各セクションの設問数は 25 ~ 35 問です。試験時間は昼休みを含め最長9時間です。全体の時間割は次のとおりです。

     

    セクション 1
    セクション 2
    <昼休み>
    セクション 3
    セクション 4

     

    一度次の質問に進むと前の質問に戻って解答することはできません。シナリオの資料は各セクションの開始時に提示されます。また、各セクション中に追加のシナリオ資料が提示されます。参考までに新しい資料を提示する際は、受験者にお知らせします。

     

    CCDE 実技試験では、ネットワーク機器の設定や操作は行いません。この試験では、一般的な PC に、設計シナリオの参考資料が表示されます。設計シナリオの参考資料、情報ソース、説明はすべて、CCDE 実技試験の内容に含まれています。

     

    昼休みはセクション 2 終了後にとることができます。昼休みを早めに切り上げても、昼休み後の4時間が増えることはありません。昼休みから遅く戻る場合でもPPC閉場時間を超えて試験を延長することはありません。つまり昼休み後の試験時間は4時間もとれないことになります。

     

    採点

    CCDE 実技試験の各シナリオの設問にはそれぞれ基準があり、定められた採点方式に従って得点が与えられます。配点は設問によって異なり、部分点が与えられる場合もあります。

     

    結果

    試験結果は、通常 試験終了から 48 時間以内に トラッキングシステム (要ログイン) で確認できます。最終結果の表示には10営業日かかります。試験結果には、合否が明記され、不合格の場合は、今後さらに学習や対策が必要と考えられる出題項目も示されます。

    ハードコピー スコア レポートの郵送はありません。

     

    実技試験結果の再評価

    CCDE 実技試験の各シナリオの設問はそれぞれ採点基準が異なり、詳細な統計分析によってあらかじめ設定された採点方式に従って得点が与えられています。そのため、CCDE 実技試験の再評価をお受けすることはできません。