シスコ オンデマンド E ラーニング プラットフォーム:レビュー

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    この記事では、ICND1 v2.0 や ICND2 v2.0 など、シスコ オンデマンド E ラーニング コースで使用するプラットフォームのレビューを行います。

    cisco-on-demand-e-learning-platform


    シスコ E ラーニング プラットフォームのシステム環境

    このコースで必要なのは、コンピュータ、ブラウザ、インターネット接続です。 それだけです。 何もインストールする必要はなく、 Web にすべて揃っています。 つまり、PC、スマートフォン、タブレットから、いつでも自分の学習環境にアクセスできるということです。

    シスコ オンデマンド E ラーニング プラットフォームのナビゲーション

    シスコ オンデマンド E ラーニング コースを開始すると、コンテンツ領域とナビゲーション領域の 2 つの領域があるのがわかります。 コンテンツ領域にはコースの本体が表示されます。 ナビゲーション領域には、学習するトピックのリストが表示されます。 コンテンツ領域の上部には、[次へ(Next)] と [戻る(Back)] のショートカットがあります。

    Cisco ICND1 v2.0 コースを例に、以下に画面の構成を示します。

    cisco-e-learning-icnd1-2016-01-11-15_26_161.png

    各コースのコンテンツはセクションに分かれています。 各セクションの内容は次のとおりです。

    • シナリオ:学習内容のコンテキストを示します。 学習は、特定の知識を得るためだけに行うものではありません。 現実世界のシナリオに関連付けることに、学習の意味があります。
    • 1 つ以上のレッスン
    • 課題

    レッスンは、テキスト、図、ビデオという形式で提供されます。 ビデオは、再生速度ボタンを使って速くすることも遅くすることもできます。 適切な速度は、概念をどれだけ早く理解できるか、また初めて触れる内容かどうかによって異なります。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_47_12

    レッスンの最後に理解度をテストするクイズがあります。このテストを行ってから次のレッスンに進みます。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_48_44

    回答を選んで [送信(Submit)] をクリックします。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_49_19

    応答時間

    E ラーニング モジュールの応答時間は非常に高速です。 しかしビデオ チュートリアルについては、応答時間はインターネットの接続速度によって異なります。

    簡単なナビゲーション

    ナビゲーションは直観的に操作できます。 通常のナビゲーション サイドバー、または上部のナビゲーション メニューを使用します。 コースをスクロールしても、上部のナビゲーション メニューは常に表示されます。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_53_291

    ブックマーク

    ブックマーク機能は便利な機能であり、特に学習中にメモをとる場合に役立ちます。 学習中に [ブックマークを追加(Add Bookmark)] ボタンをクリックすれば、いつでもブックマークを作成できます。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_55_04

    ブックマークを編集するには、鉛筆アイコンをクリックします。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_55_16

    メモを書いたら [更新(Update)] をクリックします。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 15_55_39

    メモには、個人的な定義やリマインダなどを自由に書き込むことができます。

    メモにはいつでもアクセスできます。アクセスするにはセクション ボタンの横にあるブックマーク ショートカットをクリックします。ブックマークされたページが表示されます。

    cisco-e-learning-icnd1-2016-01-11-16_02_28.png

    バッジ

    これは特にフォーラムで使用される概念です。 しかし E ラーニング コースでは、バッジはスコアを表します。

    各課題の最後にバッジが割り当てられます。 バッジ(メダル)には 3 つのタイプがあります。

    • ゴールド バッジ:すべての課題の質問に正解した場合
    • シルバー バッジ:回答に 1 つ間違いがあった場合
    • ブロンズ バッジ:回答に 2 つ間違いがあった場合

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 16_11_40

    課題

    ミニテストです。 制限時間内に各課題に回答することで、実際の試験の準備になります。 ただ回答するだけでは合格しません。 制限時間内に正しく回答することが重要です。

    cisco-e-learning--2016-01-11 17_20_03

    ラボ

    コースの重要な要素です。 E ラーニング コースには、事前にケーブル接続された多数のラボがあります。 シミュレーションではありません。実際の IOS イメージとデバイスを扱います。 こんな感じです。

    ラボで使用するトポロジを示しています。

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 16_19_13

    最初に [初期化(Initialize)] をクリックしてデバイスを準備します。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_41_57

    cisco-e-learning-icnd1--2016-01-11 16_17_53

    ルータ R1 を選択します。 デバイスが起動します。 日付と時間が正確なのがわかります(GMT+1 タイムゾーンで作業しています)。

    cisco-e-learning-icnd1-2016-01-11-16_26_46.png

    まだ重要なことがあります。

    これらのデバイスでは、ほぼすべての IOS コマンドを使用できます。 つまり、ラボで必要なコマンド以外の IOS コマンドを実行できるということです。

    例を示します。 これは「CLI のユーザ エクスペリエンスの向上」セクションです。 ラボの部分までスクロールしています。 そして実証テストを開始しました。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_51_24

    ラボでは他の IOS コマンドも使用でき、またエラーを検出できます。 しかしこのセクションの [Errdisable recovery interval] とは一体なんでしょうか。 IOS ショートカット以外も学習できますね。

    すばらしいと思いませんか。コースのコマンドだけでなく実際のハードウェアを使ってあらゆる IOS コマンドを実行することができます。

    設定を間違えてしまって、それをどのように設定しなおせばいいのかわからないことがあります。その場合は、デバイスを再起動したり、再初期化することができます。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_54_48

    実際に機能するか確認してみましょう。 先ほど [Errdisable recovery interval] を 30 秒に設定しました。 ここで「write mem」を実行してデバイスを再初期化します。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_59_10

    cisco-e-learning--2016-01-11 17_00_14

    そして [errdisable recovery interval] の値を確認してみましょう。

    cisco-e-learning-2016-01-11-17_01_00.png

    次に [デバイスの再起動(Restart Device)] オプションを見てみましょう。 ここでは設定が保持されるのでしょうか。ホスト名を変更して設定を保存し、確認してみましょう。

    cisco-e-learning--2016-01-11 17_05_52

    cisco-e-learning--2016-01-11 17_06_24

    たしかにリロードの前に設定が保存されました。 すばらしい結果です。

    なお、ラボ ウィンドウはこのボタンで拡大/縮小できます。

    cisco-e-learning--2016-01-11 17_03_20

    検索および用語集

    用語については、検索フィールドまたは用語集で検索できます。 たとえば、検索フィールドに「dhcp」と入力します。 アプリケーションに、DHCP の定義と用語集へのリンクが表示されます。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_36_56

    [用語集で表示(View in Glossary)] をクリックすると、用語集ページにリダイレクトされます。 用語集には、DHCP の完全な定義とキーワードが表示されています。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_37_09

    用語集には、[ユーティリティ(Utilities)] をクリックしてもアクセスできます。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_39_47

    リーダーボード

    リーダーボードは、コミュニティでの最新のランキングを示すユーティリティです。 他の受講者の進度と比較することができます。

    [リーダーボード(Leaderboard)] ボタンをクリックすると、数秒後にリーダーボードがロードされます。

    cisco-e-learning--2016-01-11 16_32_31

    シスコ オンデマンド E ラーニング プラットフォームの改善方法

    オンデマンド プラットフォームは、次のような改善でより素晴らしいものになると思います。

    • バッジ:バッジが得られれば励みになります。 これをさらに、ポイントや製品のディスカウントに変換してみてはどうでしょうか。 それによって受講者の取り組みはさらに真剣になり、スコアを自慢したり、他の製品を割引価格で購入したりできます。 あるいは、バッジをシスコ ラーニング ネットワーク フォーラムに統合できたらどうでしょうか。

    シスコ オンデマンド E ラーニング プラットフォーム:終わりに

    私は、シスコ チームが作ったプラットフォームの品質に感銘を受けています。 インターフェイスも非常に直観的です。 数分でマスターすることができます。 最初はさほど期待していませんでした。 以前、コンピュータ ベースのトレーニング会社が提供する、インタラクティブな形式のシスコのトレーニング教材を利用したことがあり、 それが単調で退屈なものだったからです。

    しかしシスコ オンデマンド E ラーニングは、テキストのドキュメント、簡潔なビデオ アニメーション、クイズ、実際のデバイスを使用したラボなどで構成されています。 IOS コマンドの実習は、シスコの試験のシムレットのようにサブセットに限定されたものではありません。 この E ラーニングでは、自分専用のデバイスで多数の IOS コマンドを利用できます。 共有デバイスはありません。 デバイスの完全なアクセス権が得られます。 設定の変更、再起動、リロードなどができます。すばらしいパッケージです。

    シスコ ネットワーキングを使い始めたころに、こんなプラットフォームがあったらよかったと思います。

    次のステップ

    テストをすべて終了すれば、後はどこからでも次のステップに進めます。 この記事の執筆時点では、シスコ ラーニング ネットワーク ストアで 45 種類のシスコ オンデマンド E ラーニング コースが提供されています。 必要なものを選択してください。 トピック別にいくつかご紹介します。

    CLNBanner