3 Replies Latest reply: Dec 28, 2009 11:09 PM by S2 RSS

    10BASE2とは

    S2

      CCENTの勉強していて、10BASE2は同軸ケーブルを使ってとの記述がありました。

      私自身は見たこともありません。

       

      先輩方で当時、10BASE2を使用してネットワーク機器を接続していた方がいましたら、

      どういったものだったのでしょうか?

      当時のエピソードなどありましたら、教えてください。お願いします。

        • 1. Re: 10BASE2とは
          Joy

          CCENTの内容に10Base2が出てくるんですか!

          恐らく、歴史的な背景の説明ということなんでしょうね。

           

          10Base5(と言ってもなおさらわからないでしょうけど)が取り回しに苦労するほど太かったして施工性が悪かったので、その後、10Base2が出てきたように記憶しています。同軸ケーブルなんですが、同じ同軸でもテレビのアンテナケーブルよりは細くて固いケーブルでした。10Base2ケーブルをテレビのアンテナケーブルとして使えたけど、その逆はダメだったような、、、、(記憶があいまいです)

           

          数珠つなぎで接続していって、両端にはターミネータと呼ばれる抵抗を付けないとダメなんですが、例えば接続するPCを増やそうと思うと、どこかの接続部分を外さないといけませんし、ターミネータを外しても通信できません。なので、数珠つなぎのPCたちは運命共同体でした。その後、HUB(と10BaseT)が世の中に出てきてびっくりするほど便利で、あっという間に10Base2は消えていきました。

           

          今後、もう、実際に触ることもないと思いますし、資格の勉強のために覚えておけばいいという程度だと思います。

           

          古くからエンジニアをやっていらっしゃる方々のエピソードを、私も聞きたいです。

          • 2. Re: 10BASE2とは
            skill_man

            Joyさんのおっしゃるように、実質的な意味として覚えておく必要はないと思いますが、試験に出るのだったら、シスコプレスに載っている程度のことは覚えておかないといけませんね。

             

            私が10BASE2を触っていた頃は、NetworkOS(そういう用語がありました)としてNetware3.xくらいが全盛の時期でした。TCP/IPはUnixのワークステーションで使われている程度で、PCではNetware(IPX)が利用されていましたね。もう、資格の名前は忘れましたが、ノベルの認定資格がありましてそれを持っている人が結構、周囲にいました。

             

            10BASE2についてはGoogleなどで調べた方が詳しくわかると思うので割愛しますが、Joyさんの意見と同じで数珠つなぎであるがゆえに便利なのか不便なのかわからないネットワークでした。

             

            数年前に「構築の現場で10BASE5を見た」と言っていたエンジニアがいたのですが、10BASE2はさらにマイナーな存在だったと思うので、もう二度とお目にかかることはないと思っています。

             

            すみません、あまり回答になってないかもですね。

            • 3. Re: 10BASE2とは
              S2

              Joyさん、 skill_manさん 返答ありがとうございます。

               

              確かに実質、使用する機会はなさそうですね。

               

              歴史的背景、当時のエピソードありがとうございました。

              同軸ケーブルを使って接続とは、今の私には想像もつきませんでした。

               

              これからもアドバイスお願いします。