すべての CCIE ラボ試験で Core Knowledge 問題を出題

    2010 年 1 月 4 日に、Core Knowledge と呼ばれる新しい出題形式のセクションが、CCIE® Service Provider、Storage および Wireless のラボ試験 に追加されます。この新しいセクションで受験者は、コンピュータ上に短い回答 (通常は数単語) を自由入力する回答形式の 4 問に取り組みます。問題はトピックに合った問題の中から、ランダムに出題されます。受験者は Cisco.com の CCIE トラック情報 または Cisco Learning Network にてトピックを確認できます。この変更によって新しく追加されたトピックはありません。Core Knowledge セクションの回答時間は 30 分です。一旦次のセクションへ進んだ受験者は、Core Knowledge セクションへ戻ることはできません。認定を達成するためには、Core Knowledge セクションで合格点を取る必要があります。Routing and Switching ラボにおける Core Knowledge は 2009 年 2 月より、Security ラボについては 2009 年 6 月より、そして Voice ラボについては 2009 年 7 月より開始されました。 Core Knowledge の導入により、シスコは試験において高いセキュリティ レベルを保つことができます。また、認定に値する受験者のみが CCIE 認定を取得できます。2010 年 1 月 4 日以降に試験を受ける受験者は、新しい出題形式のラボ試験となることを覚えておいてください。

     

    CCIE ラボ試験および採点形式のアップデートに関する詳細は、こちらから、よくあるお問い合わせを参照してください。