急速に成長するコラボレーション テクノロジーに対するスキルを高める Cisco TelePresence 認定と Cisco 360 Training for Voice

    急速に成長するコラボレーション テクノロジーに対するスキルを
    高める Cisco TelePresence 認定と Cisco 360 Training for Voice

     

    ~高まる需要にシスコのパートナーとお客様が対応できるようにするための
    トレーニングを提供する初の TelePresence 認定、および
    ユニファイド コミュニケーションのエキスパート レベルの
    課題に対処するための音声トレーニングを導入~

     

     

    米国シスコ (本社:カリフォルニア州サンノゼ、NASDAQ:CSCO、以下シスコ) は本日、高度なテレプレゼンスおよびコラボレーション ソリューション市場における需要の急増に応えるため、これらのネットワーク テクノロジーの導入を容易にすることを狙いとして教育プログラムを強化したことを発表しました。 2つの新しい認定では、Cisco TelePresence(TM) の実装およびサポートをおこなう専門家に必要なスキルを認定します。また、Cisco 360 Learning Program for CCIE(R) Voice では、エキスパートレベルのスキルの習得や厳格な Cisco CCIE Voice ラボ試験の受験者をサポートする、役割ベースのトレーニングを提供します。

     

    概要
    • シスコは、ビジネス、行政、サービス プロバイダー、消費者向けの市場分野において、ビデオ/音声アプリケーションをリードしてきました。そのため、シスコは、IT のメインストリームにいる専門家にスキル開発トレーニングを提供できるだけの十分な基盤を持っています。
    • Cisco TelePresence は、世界中の組織に臨場感あふれる対面式のエクスペリエンスを提供します。また、世界的サービスプロバイダー 8社の協力を得て導入された Cisco TelePresence の企業間サービスを利用すれば、企業の従業員は、遠く離れたチームやサプライヤー、またお客様とミーティングすることが可能です。
    • Frost & Sullivan の予測によると、テレプレゼンス市場の世界的売上高は、2014年までに47億ドルに達する見込みです。
    • IDC とシスコの分析によれば、企業間テレプレゼンス ネットワーク サービスの年間平均成長率は209パーセント、多地点テレプレゼンス ネットワークサービスの年間平均成長率は154パーセントです。
    • Cisco Visual Networking Index: Forecast and Methodology, 2008-2013 によると、現在はインターネット ビデオがすべての消費者インターネット トラフィックの約3分の1を占めており、2013年までにはあらゆる形式のビデオ (IPTV、ビデオ オン デマンド、インターネット、ピアツーピア) が、世界の消費者トラフィックの91%以上を占めると予測されています。

     

    Cisco TelePresence 認定
    • シスコは、Cisco TelePresence システムおよびソリューションに関する2つのスペシャリスト認定を発表しました。Cisco TelePresence Solutions Specialist と Cisco TelePresence Installations Specialist です。
    • Cisco TelePresence Solutions Specialist 認定は、Cisco TelePresence導入の計画、設計、実装(PDI)、およびメンテナンスを専門にしようとしている中堅の音声スペシャリストまたはネットワーク エンジニアの業務遂行能力に焦点を当てています。タスクには、リッチ メディアのネットワーク パスの評価、呼制御設計オプションの査定、および相互運用性機能の設定が含まれます。受講の前提条件としてCCNA(R) 認定を取得済みである必要があります。
    • Cisco TelePresence Installations Specialist 認定は、単一画面のCisco TelePresence システム(500、1000、1100、1300シリーズ)の物理的な導入や工事についてマスターしようとしている設置スペシャリストの業務遂行能力に焦点を当てています。タスクには、導入場所の準備状態の評価、カメラ/マイクの調整、および高精細ディスプレイの設置が含まれます。受講に関する前提条件はありませんが、インターネットをベースとしたデバイスの接続に関する基本的な知識があることが強く推奨されます。
    • コースウェアと試験の詳細は、2010 年初めに https://learningnetwork.cisco.com/ にて発表する予定です。

     

    Cisco 360 Learning Program for CCIE Voice
    • Cisco 360 Learning Program for CCIE Voice では、経験豊かなネットワークエンジニアを対象に、エキスパートレベルのスキルを習得するための実績ある効果的な業務に即したプログラムと、今後もさらに難易度が上がっていくことが予想される厳しい Cisco CCIE Voice 試験のラボ受験対策を提供します。受講の前提条件として CCIE Voice 筆記試験に合格済みである必要があります。
    • 24時間365日柔軟にアクセスできるラボやコンテンツと、IT 業界の優れた講師によるエキスパートレベルの指導やトレーニングが用意されている 360 Training for CCIE Voice では、受講者の技術の熟達度を高め、実際のユニファイド コミュニケーション ネットワーク上で発生するエキスパート レベルの設定およびトラブルシューティングの課題に対処するために必要なスキルの習得を目指します。
    • このプログラムは、実践知識とトラブルシューティング スキルを最大限に高めようとするエキスパートに最適であることが実証されています。このプログラムの作成には、シスコ独自の経験豊かな知識を活かすとともに、世界の第一線のエキスパートから協力を得ました。
    • 新しいプログラムは、認定ラーニングパートナーを通して2009年12月7日より利用できる予定です(日本での開催は追ってご案内)。

     

    コメント:
    • Learning@Cisco のジェネラル マネージャ、ジーン・ベルヴューダン
      「ネットワーク環境がますます複雑かつ洗練されていく中で、最新のコラボレーション テクノロジーを組み込むことは、ビジネスにおける意思決定の円滑化、生産性の向上、および関係の強化につながります。このような高度なテクノロジーを実装するには、高度なトレーニングを受けたIT専門家が必要であり、この専門家によって、リアルタイムのコラボレーションに対するエンドユーザーのニーズ拡大に対応する必要があります。シスコ認定トレーニングおよびシスコ技術者認定は、先進のネットワーク テクノロジーを利用するための専門知識と専門技術を組織や個人に提供します」
    • IDC IT教育・認定資格関連調査担当プログラム バイスプレジデント、クッシング・アンダーソン氏
      「ビデオ/音声コラボレーション テクノロジーの急速な進化は、世界のコミュニケーションの手段を変える絶好の機会を提供するとともに、ネットワークや音声の管理者および開発者のスキルや能力がますます複雑化することを意味しています。ビデオ、音声、TelePresenceのスペシャリストのような新しい職種に対応するため、市場に焦点を合わせた教育および認定プログラムを開発することは、これら新しいテクノロジーに対する企業の投資回収率を最大限に高めるためには不可欠だと思います」
    • Ascolta プレジデント、アイリーン・キノシタ氏
      「ビデオとユニファイド コミュニケーションは、当社の事業運営を根本から変えています。シスコは業務関連のトレーニングと認定を提供してこれらの統合テクノロジーをサポートすることにより、ネットワーク エンジニアにキャリア アップのチャンスを与え、雇用者の価値を高め、これまでにないコラボレーション機会を世界中にもたらしています」

     

    マルチメディア

     

    関連リソース

     

    ソーシャル メディア リンク