認定に関するアンケート(対象者:29,000名を超える昨年の受験者)

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    シスコ技術者認定試験の配信会社としてピアソン VUE をご存知の方も多いかと思います。実際に多くの方がピアソン VUE の試験を受けています。2017年末にかけて、ピアソン VUE は、皆さんのような受験者 総勢29,000名を対象にPearson VUE 2017 Value of IT Certification Survey(ピアソン VUE 2017年 IT 認定の価値に関するアンケート) を実施し、認定を取得するメリットについて意見を募りました。

     

    米国、欧州、ロシア、アフリカ、中東 / 北アフリカ、カリブ諸島、オーストラリア / ニュージーランドと、世界中のプロフェッショナルがアンケートに協力しました。

     

    IT 業界で働いている方が 67.2%の多数派を占めていることは予想通りでした。その他の業界として、通信、政府、金融サービス、教育、医療などがありました。20%が Microsoft の社員で、17.7%がシスコの社員でした。その他にも、Oracle、IBM、VMware、HP といった企業の社員にも協力いただき、まさにグローバル企業全体の意見を網羅する形となりました。

     

    29,000名を超える回答者のうち、81%が過去12ヶ月の間に、クラスルーム、仮想クラスルーム、デジタルトレーニングを通じて、何らかの形でトレーニングコースを受講していることが印象的でした。

     

    iStock-848840956.jpg昨年の受験者には、全員に以下のような内容の深い質問をしています。認定はその努力に見合う価値がありますか?この道を進むきっかけとなった動機付けはなんですか?どのような試験対策を実施しましたか?また挑戦したいと思いますか?友人におすすめしますか?今後の展望についてどのようにお考えですか?これらの回答は、認定試験を受験する判断を下す際の参考になり、認定技術者となることが賢い選択だという確信をもっていただけることでしょう。

     

    このアンケートを実施するため、ピアソン VUE は35社もの業界をリードする IT 組織とパートナーシップを組み、各社の試験登録データを使用しました。いろいろな意味で、アンケートの回答から今最も需要の高い職種や、IT 業界における最新の重要トレンドなどが浮き彫りになりました。

     

    どの認定を選ぶかで、目まぐるしく変化する IT 業界の今後の展望がわかる

     

    参加者が選択したトレーニングのトラックが、キャリアの面で最も有利であると思われているということを意味します。それを把握するということは非常に示唆に富んでおり、IT 業界の今後の展望が見えてきます。上位5つのエリア (累計):

     

    • ネットワーキング:38.2%
    • セキュリティ:26.1%
    • クラウド:24.2%
    • サーバー:23.6%
    • 仮想化:22.6%

     

    認定の取得がトレーニングの最終的な目標です。トレーニングを受けた後、認定を受けるためにとる行動は、トレーニングに関連する各種認定試験のトラックを進めることです。ここで明らかになることは、下に示す順位では第4位であるものの、クラウドが2016年から4%上昇しているということです。

     

    • ネットワーキング:32.4%
    • セキュリティ:20.3%
    • サーバー:19.7%
    • クラウド:16.7%
    • 仮想化:15%

     

    これらのトラックの試験を受けた後、セキュリティコーディングなど、より専門的な認定を受験しようとする方はどのくらいいるのでしょうか?実に72%の回答者が、そのような機会を希望することに 「同意する」 または 「強く同意する」 を選択しています。

     

    認定の影響の変化

     

    このアンケートで明らかになったことは、認定を受けることによって得られる影響です。プロフェッショナルとしてのイメージや評判が上がった、あるいは IT 業界への転職を叶えたと回答した割合は、回答者29,000名のうち実に 87.5%に上りました。その他の方々は、昇給 (17.7%)、就職 (15.5%)、昇進 (12.5%) に役立ったと言及しています。

     

    アンケートでは、認定が最も役立った場面について回答者に具体例を上げてもらいました。これに対して、3分の1以上 (36.9%) が、「複雑なタスクでも自信を持って実施できるようになった」 など、ここでも 「自信」 という言葉を使っています。自分のパフォーマンスレビューが改善されたと感じている回答者が 21.6%いることから明らかなように、自信が持てるようになると、より多くのことに挑戦しようとする意欲が生まれ、それが成功につながります。

     

    もう1つの興味深い事実として、純粋なテクニカルスキルに加え、問題解決や時間管理などの 「ソフトスキル」 を評価することが重要であったかという質問に対して、67.4%が 「同意する」 または 「非常に同意する」 と回答しています。

     

    価値の証明:信頼と評判の向上

     

    回答者の半分以上 (54%) がこれらのメリットを最初の3ヶ月以内に感じたと回答し、23%が認定取得後に昇給を受けた (11~20%の昇給があった方も) と回答しています。

     

    iStock-542111890.jpg自分の友人や仲間に推奨するかどうかにより、価値が証明されます。86%もの回答者が、同僚に認定を推奨すると回答しています。同僚と日々一緒に働くことを考えれば、非常に重みのある推奨であると言えるでしょう。

     

    費用を誰が負担するか

     

    トレーニングを受けた回答者の過半数 (55%) は、雇用主が費用を負担しています。同時に、回答者の 25.9%が、自分が受講するトレーニングの費用を支払う意思を示しています。その他に、トレーニングが教育に組み込まれていたり、その他の出資元から資金を受けた回答者もいます。

     

    認定試験についても、雇用主の56%が会社の経費で負担しています。自己負担の割合は2016年から6%減少しました。昨年度に自習用資料を使用した回答者は10人中8人にのぼり、46%はその費用を自己負担しています。費用を誰が負担するにせよ、回答者の76%が、認定試験に合格するために自習が重要な役割を果たしたと感じています。72%は、自分で学習したという経験それ自体が自信を高め、受験に臨めたとも述べています。自信はどのような目標を達成するのにも重要な要因です。

     

    昇進の道は認定で舗装される

     

    認定トレーニングに関して、多くの方々からご意見をいただきました。難易度の上昇にもかかわらず、88%が今後12ヶ月以内に認定を受ける 「可能性がある、または可能性が高い」 と回答しています。

     

    ここでも、上位5つのトラックが将来のトレーニングプランで特に重視されていました。

     

    • ネットワーキング:32%
    • クラウド:30%
    • セキュリティ:29.6%
    • 仮想化:22.4%
    • サーバー:22%

    これらの回答者のうち、27.9%がシスココースの受講を予定しています。

     

    認定試験自体に関しても、似た数字が得られました。

     

    • ネットワーキング:30.5%
    • クラウド:26.5%
    • セキュリティ:26.4%
    • サーバー:21%
    • 仮想化:18.6%

     

    全体として、各自が認定を受けるために選択したトラックは、受講プランのルートと同じくそれぞれ独立しているように見受けられます。クラスルーム トレーニングを使用する可能性がある、またはその可能性が高いと回答した方もいれば (59%)、オンラインコースを受講する方もいて (75%超)、自習用資料を購入する予定の方も68%います。この3つをすべて実施する方も大勢いることは間違いありません。

     

    これらの集合知をキャリアに活かす

     

    ビジネスやテクノロジーの展望が劇的に変化している中、皆さんは IT プロフェッショナルとしてまったく新しい課題に直面しています。職場と市場双方での競合からの圧力により、関連スキルに対する需要が生まれています。認定は、適切な道を選択する際に確実な自信を与えてくれる存在です。ピアソン VUE のアンケートは、皆さんの仲間や同僚が認定プロセスについてどう考えているか、各自のキャリアプランとしてどのような方向性を選択しているかを明らかにします。ピアソン VUE アンケート [英語] ですべての回答や統計を確認することも、貴重な判断材料となるかもしれません。

     

    皆さんのコンパスはどの方向を指し示していますか?

     

    自身のキャリアを慎重に検討したい方は、ぜひ IT マネジメントの視点を確認してください。当社のホワイトペーパー、「The Impact and Importance of Technical Certifications: The Management Viewシスコ技術者認定の影響と重要性:経営陣の視点 [英語] 」 では、経営者の認定に対する考え方を詳しく説明しています。また、このアンケートでハイライトしたネットワーキング、セキュリティ、クラウドなど、上位ランクのトレーニングトラックについて詳細を希望する場合は、当社の新しいホワイトペーパーライブラリ [英語] をご覧ください。

     

    本書の情報はピアソン VUE 2017年 IT 認定の価値に関するアンケートから引用しました。Copyright © 2018 Pearson. All rights reserved.

     

    IT 業界の最新ニュースやシスコラーニングの限定オファーをご確認ください。今すぐ登録

     


    プライマリ写真リンダ・ボロフは、ネットワークセキュリティ、アナリティクス、仮想データセンター、SDN をはじめとする分野で10年を超える経験を積んだ、技術・マーケティングライターです。

    CLNBanner