OSI モデルの一覧表

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    OSIModelReferenceChart_promo.jpg
    OSI モデル チャート

    CCENT の準備を始めるにあたり、コア コンポーネントとして OSI モデルを理解する必要があります。これはその他のシスコ認定トラック(CCNA、CCNP、CCIE)全体にも共通するモデルです。

     

     

    Open Systems Interconnection モデル(OSI モデル)は、通信システムまたはコンピューティング システムの通信機能を特徴付けて標準化する、7 層の概念モデルです。

     

    • 物理層:OSI モデルの最下層であり、物理メディア経由の非構造化 raw ビット ストリームの送受信に関係します。物理メディアに対する電気/光、機械的、および機能的インターフェイスを表し、すべての上位層に向けた信号を伝送します。

    • データ リンク層:物理層経由で、1 つのノードから別のノードにデータ フレームをエラーなしで転送します。これより上位の層において、事実上エラーのない送信がリンク経由で可能になります。

    • ネットワーク層:サブネットの運用を制御し、ネットワークの状態やサービスの優先順位などさまざまな要素に基づいて、データが通る物理パスを決定します。

    • トランスポート層:メッセージがエラーなく順番に、しかも損失や重複なく配信される状態を確保します。

    • セッション層:異なるステーションで実行中のプロセス間でのセッションの確立を可能にします。

    • プレゼンテーション層:アプリケーション層に提供するデータをフォーマットします。これはネットワークのトランスレータと考えることができます。プレゼンテーション層では、アプリケーション層で使用されるデータ形式を、送信元ステーションで共通形式に変換し、その後受信側ステーションで、共通形式から、アプリケーション層に既知の形式に変換することができます。

    • アプリケーション層:ユーザおよびアプリケーション プロセスがネットワーク サービスにアクセスする窓口になります。

     

    Cisco Learning Network は、学習に役立つように、OSI モデル チャートを作成しました。このチャートでは、7 つの層が整理して説明されており、DOD TCP/IP モデルとの関係に加えて、プロトコルとデバイスの形式で例が示されています。

     

    ページ下段の 「OSI_Model_Reference_Chart.pdf (72.7 K)」 右横アイコン 「ダウンロード」、もしくは 「表示」 をクリックしてください。

    CLNBanner