ネットワーク セキュリティ エンジニア、技術者、および管理者

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    ネットワーク セキュリティ エンジニア、技術者、および管理者

     

    標準的な候補者は、ネットワーク分野で最大 5 年の経験、またはそれに関連するシステム管理の経験を有しています。多くの場合、ルーティングおよびスイッチングに関する基本的な役割を、セキュリティの専門知識によって広げることを目指しています。

     

    また、ネットワーク内でのセキュリティ システムのインストール、運用、メンテナンスなど、より複雑な役割を担うことを目指している場合もあります。

     

    一般的な組織において、セキュリティ チーム内のネットワーク セキュリティ エンジニア、技術者、管理者の役割に求められるスキル、知識、経験の概要を以下に示します。

     

    チームの役割:構築と保護
    標準的な経験レベル:0 ~ 5 年
    業務報告先:シニア レベルのセキュリティ エンジニアまたはセキュリティ アーキテクト
    主なスキル:
    • サイバーセキュリティの基本知識
    • 主要なセキュリティ テクノロジーの知識
    • システム セキュリティを実装する能力
    • システム更新を実行する能力
    • サイバーセキュリティ チームからの要請を実行する能力
    • セキュリティ テクノロジー、製品、機能についての理解
    標準的なアクティビティ:
    • 24 時間 365 日環境で作業する
    • セキュリティの脆弱性を解消するためにソフトウェアとシステムを更新する
    • アーキテクチャの変更に基づいてセキュリティ制御を変更する
    • 複数のシステム全体で一貫したセキュリティ制御を維持する
    • システム ドキュメンテーションを維持する
    • シニア ネットワーク エンジニアを支援する
    • 改善のための提案を示し、セキュリティ ギャップを識別する
    • 新しいアプリケーションや要件をサポートするためにエンドユーザと連携する
    • プロジェクト実現のためにシニア セキュリティ スタッフを支援する
    • セキュリティ プロジェクトを支援する
    • ネットワーク セキュリティ機器の稼働状況を維持し、監視する
    • 標準的な手順に従い、ID 管理システム(Cisco Identity Services Engine(ISE)および Bring Your Own Device(BYOD)テクノロジー)に新規ユーザやデバイスを追加する
      • デバイスとユーザのオンボーディングを行う
      • ネットワーク セキュリティ システムに関する基本的な初期レベルのトラブルシューティングを行う
    責務:
    • 初期レベルのセキュリティ サポートを提供する
    • 技術管理と緊密に連携する(特別に管理されたシステムで作業する場合を除く)
    • 次のようなセキュリティ制御システム設定に、推奨される変更を実装する:
      • 次世代ファイアウォール
      • 侵入検知システム(IDS)
      • Virtual Private Networking(VPN)システム
      • モニタリング システム
    キャリアの経験:
    • コンピュータ サイエンスまたは関連する技術分野の学士号
    • IT およびセキュリティ分野での最大 5 年の実務経験
    • 組織の基本的なセキュリティ システムとテクノロジーの理解度を深めていること
    • 多数の運用環境でさまざまなシステムを保護した経験

     

    推奨されるシスコ技術者認定とトレーニング

    シスコ技術者認定および製品トレーニング プログラムは、IT 業界において最高レベルと認められています。実践的な経験により、ジョブ スキルを習得することに加えて、セキュリティ インフラストラクチャに実際に応用する貴重な機会を提供します。

     

    IT ネットワーク セキュリティ エンジニア、セキュリティ技術者、セキュリティ管理者のキャリアの追求に役立つ、推奨されるトレーニングと認定を次に示します。

    CLNBanner