デジタル時代のクラウド論争:適切なスキル セットを習得する方法

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    デジタル時代の見通しは全般的に曇りです。クラウド市場の予測に関する IDC FutureScape の最近の調査によると、IT 支出の 50 %、IT インフラ支出の 60 % は、2018 年までにクラウドベースになると予測されています。また、すべてのソフトウェア、サービス、およびテクノロジー関連支出の 60 % から 70 % が、2020 年までにクラウド上のものになると予測されています。

    また IDC は、2018年 までに組織の IT 資産の 65 % がオフサイトになり、共同で設置されたホスティングおよびクラウド データセンター内に置かれると予測しています。IT スタッフの 3 分 の 1 がサードパーティのサービス プロバイダーで働くことになるでしょう。

    これらはすべて、業界全体でのクラウド スキルの不足につながります。2015 年、Global Knowledge は、クラウド コンピューティング関連の職種は給与が最も高い職種の 1 つであり、平均給与が 102,000 ドルであったにもかかわらず、意思決定者のうち 5 人に 1 人がクラウド イニシアチブのスキルを持った人材を見つけるのに苦労したことを明らかにしました。

    CompTIA は、2016 年の IT 業界見通しにおいて、2013 年から 2015 年の間にクラウドによって 700 万の雇用が創出されるという IDC の予測を伝えました。この業界団体は、こうした業務の多くはおそらくはすでに存在しており、クラウドへの重点を高めて再構成されたものだとも言及しています。

    すなわち、適切なトレーニングと認定を取得したネットワークおよびデータセンターの専門家は、キャリアを伸ばし、成功する真のチャンスがあります。IT 分野でのキャリアを重視する人にとって、クラウド スキルは高い需要があり、追求する価値があります。

    クラウド対クラウド

    クラウドには、パブリック クラウド、プライベート クラウド、およびハイブリッド クラウドがあり、どのタイプのクラウドが最も良いかについて一致する見解はありません。それは完全に各組織に委ねられており、組織が生成して使用するデータの種類にも依存します。

    パブリック クラウドを使用している組織は、クラウド ストレージまたはオンライン アカウンティング ソフトウェア用のサードパーティ サービス プロバイダーのリソースを利用しています。パブリック クラウドを後押しする最大の根拠は、コストです。組織はパブリック クラウド サービスを月額料金または年額料金でレンタルできます。このサービスを継続して稼働させ、アクセス可能にし、更新することは、プロバイダーの責任です。

    cloud-wrangling-in-the-digital-age.jpgこれは Software as a Service(SaaS)と呼ばれます。プロバイダーによっては、さらに一歩進んで Platform as a Service(PaaS)、および Infrastructure as a Service(IaaS)を提供しています。PaaS を使用すると、アプリケーションをさまざまなインフラストラクチャで実行できます。IaaS はインフラストラクチャ全体をレンタル可能なサービスとして提供します。

    しかしパブリック クラウドには問題があります。その 1 つはセキュリティで、もう 1 つはアクセシビリティです。パブリック クラウド上のデータは、特に機密性の高い財務情報や医療情報の場合、十分に安全であるとは限りません。またインターネットがダウンした場合、組織が必要とするときに、データやアプリケーションを利用できない場合があります。

    これらの理由から、多くの組織が独自のプライベート クラウドを設定、管理しています。組織はプライベート クラウドを使用してデータの安全性を高め、好みに合わせて配置します。彼らは SaaS の販売には興味がありませんが、クラウドのメリットは望んでいます。不都合な点は、巨額になる可能性のある経費と、クラウドの専門知識を持った数少ない IT 専門家を採用する必要があることです。

    ハイブリッド クラウドは両方のアプローチを融合したものです。企業は機密データを、社内で管理するプライベート クラウド上でより安全に保持できます。そしてピーク需要のときや、個々のアプリケーションをパブリック クラウドに送信できる場合など、必要に応じてパブリック クラウドを使用します。ハイブリッドはまた、悪天候や定期メンテナンス、または節電や停電時にも役立ちます。IDC は、2017 年末までに、企業の IT 組織の 80 % がハイブリッド クラウドを採用すると予測しています。

    需要の高いクラウドのスキル

    最終的に組織がどのようなタイプのクラウドを選択したとしても、一定のクラウド スキルを持った IT 専門家が必要になります。基本的なスキルの例として、クラウドへの移行とクラウドのセキュリティがあります。

    クラウド スキルのトレーニングと認定のコースでは、概念的な知識の学習と実践的なスキルの育成を組み合わせる必要があります。取り扱うトピックには、次のものがあります。

    • プライベート クラウドとハイブリッド クラウドの設計
    • クラウド セキュリティの設計
    • クラウド インフラストラクチャの立ち上げ
    • シスコ アプリケーション セントリック インフラストラクチャ(ACI)と Application Policy Infrastructure Controller(APIC)の自動化
    • プライベートおよびハイブリッドの IaaS のプロビジョニング
    • アプリケーション プロビジョニングとライフサイクル管理
    • クラウド システムの管理

     

    多くの企業がすでにクラウドに移行していますが、移行していない企業の数はそれを上回ります。移行していない企業には、クラウドのさまざまなモデルに関する強固な基礎知識を持った IT 専門家が必要です。この IT 専門家は、既存のサーバ上のアプリケーションやワークロードなど、組織の現在の IT インフラストラクチャをマッピングする方法、およびマッピングしたすべてのものをクラウドの同等の環境に送信する方法も知っている必要があります。組織の規模が大きければ大きいほど、複雑になります。

    クラウド セキュリティは、IT 専門家にとって重要なもう 1 つのスキルです。毎日のように、データ漏洩のニュースが報道されます。データを安全に保持する方法、安全なプラットフォームを構築、管理する方法、そしてクラウド インフラストラクチャを保護する方法は、すべて需要の高いスキルです。

    その他の上位のクラウド関連スキルには、SaaS、PaaS、IaaS が含まれます。企業は、クラウド アプリケーションを開発し、使用するノウハウを持った IT 専門家を必要としています。これはクラウド プラットフォームやインフラストラクチャにも当てはまります。つまり、.NET、Java、PHP などの従来のプログラミング言語に加え、Python、Perl、Ruby などのクラウド プログラミング言語にも精通している必要があります。Linux スキルも高い需要があります。

    クラウド データベースの専門知識も必要です。高度に接続された Internet of Things は、毎日数百京バイトのデータを生成します。組織が最も強く望むのはこの膨大なデータから洞察や新しい市場を掘り起こすことで、そのためにクラウド データベースのクエリ スキルを持った IT 専門家を必要としています。MySQL、Hadoop、Mongo DB などのオープン ソース言語に加え、SQL も学ぶ価値があります。

    今後の展望

    クラウドのスキルと認定により、IT 専門家は、IT 部門が一貫性のある一元管理された方法でクラウドの導入を推進できるよう、自身が支援できることを実証できます。また IT 専門家は、ビジネスの俊敏性の向上や IT アーキテクチャ経費の削減など、望ましいビジネス成果をもたらすための支援方法を知っているため、あらゆる組織にとって貴重な人材になります。

    クラウド関連の基礎的スキル構築において、シスコが提供する内容に興味がある方は、ここをクリックしてください。

     

    RiverBlue_LeadGen_PlaybookOffer_Banners_FINAL-APPROVED.jpg

     

    最新の IT 業界のニュースとシスコだけの教育サービスをご確認ください。今すぐ登録

     


    Antonella Corno_final_thumb.jpgAntonella Corno は、IT 業界における 20 年以上の経験を持ち、2 大陸(ヨーロッパと北米)にまたがるキャリアの中でいくつかの大手 IT 企業で働き、直近はシスコで働いていました。彼女のキャリアの大部分はテクノロジー R&D ですが、最近の関心は未来の人材を支援し育成するトレーニングや認定に移り、現在は Learning@Cisco の製品戦略グループでアプリケーションやソフトウェア、クラウド チームを担当しています 。

    CLNBanner