新しい Cisco FirePOWER バージョン 6.0 シリーズ

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    新しい Cisco FirePOWER 6.0 シリーズ

    シスコ ラーニング ネットワークは、Cisco CCNA/CCNP Security 認定の取得に役立つ、Cisco FirePOWER バージョン 6.0 シリーズを提供します。シリーズに含まれる 15 のレッスンでは、アーキテクチャ、Secure Sockets Layer(SSL)インスペクション、ポリシー管理、導入に関するトラブルシューティング、Threat Grid 統合、検出機能、ファイル事前分類に関するトラブルシューティング、マルチドメイン コントロール、マルチ ネットワーク マップについて学習します。

     

    レッスン 1:アーキテクチャと機能ブロック、データ収集(DAQ:Snort を複数のプラットフォームで機能させるためのロード可能なライブラリを含む階層)、インターフェイス モード、プラットフォームについて説明します。

     

    レッスン 2:SSL インスペクションを中心に、機能概要やポリシー ルールについて説明します。

     

    レッスン3:Cisco Firepower Management Center のポリシー管理アーキテクチャについて紹介します。このレッスンでは、Cisco Firepower Management Center プロセス、Sourcefire Defense Center、Cisco Security Manager の通信、オブジェクトとポリシーの同期、ログおよびトラブルシューティング ツール、基本的な動作の変更点について学習します。

     

    レッスン 4:一般的なポリシー管理に重点をおきながら、Cisco Firepower Management Center のポリシー管理アーキテクチャについての説明を続けます。ポリシーは通常、Perl または Java によってバックエンドで管理されます。

     

    レッスン 5:Cisco FirePOWER Threat Defense のネットワーク アドレス変換(NAT)に関するトラブルシューティングについて説明し、Cisco Firepower Management Center のポリシー管理アーキテクチャのセクションを総括します。一般的な手順として、vmsbesvcs.log ファイルや vmssharedsvcs.log ファイルの確認や、NAT 変換の有効性のチェックなどを取り上げます。

     

    レッスン 6:導入のトラブルシューティングについて説明します。導入アーキテクチャに関する情報、トラブルシューティング シナリオなどを確認します。ユニバーサル メッセージング Web センターを活用することで、導入結果を表示して、すべてのエラー メッセージを確認することができます。

     

    レッスン 7:Threat Grid 統合のプレゼンテーションの第 1 部です。このレッスンでは、デバイスの連携、オンプレミス アプライアンス、Cisco Firepower Management Center の登録に関する概要や情報を提供します。

     

    レッスン 8:Threat Grid 統合セッションの第 2 部です。このレッスンでは、プライベート アプライアンス登録および Secure Hash Algorithm(SHA)ルックアップについて説明します。

     

    レッスン 9:Threat Grid 統合セッションの第 3 部です。ファイル転送のデバッグや動的分析ステータスのポーリングについて扱います。

     

    レッスン10:検出機能の説明を始めます。このレッスンでは、ポート オーバーライド、Open Application Visibility Control(openAVC)、インテリジェント アプリケーション バイパス(IAB)について学習します。新しい機能から設定およびトラブルシューティングの手順までを扱います。

     

    レッスン 11:アーキテクチャの基礎、システム リソース管理、トラブルシューティングを取り上げ、検出機能の確認を続けます。

     

    レッスン12:ドメイン ネーム システム(DNS)インスペクション、シンクホール(トラフィックを元の宛先から、シンクホールの設定者が指定した宛先にリダイレクトする手法)、URL ベースのセキュリティ インテリジェンスについての情報を取り上げます。

     

    レッスン13:ファイル事前分類のトラブルシューティングについて、ファイル分析拡張機能や一般的なトラブルシューティング方法を確認しながら分析します。

     

    レッスン14:マルチドメイン コントロールおよびマルチ ネットワーク マップの第 1 部です。このレッスンでは、ドメイン コントロールの基礎、マルチ ネットワーク マップ、ドメイン管理について説明します。

     

    レッスン15:トラブルシューティング、デバッグ、および一般的な問題に関する情報を提供して、マルチドメイン コントロールおよびマルチ ネットワーク マップのプレゼンテーションを締めくくります。

     

     

    シスコ ラーニング ネットワーク プレミアムには毎週新しいトレーニング ビデオが追加されることをご存知でしたか。シスコ ラーニング ネットワーク プレミアム サブスクリプション [英語] は、月額わずか 11 ドルから登録できます。登録を済ませると、コンテンツが随時追加されるトレーニング ビデオのライブラリにアクセスし、シスコ認定試験の準備に役立てることができます。このブログ サイトを毎週チェックし、新しく投稿されたビデオや Cisco Learning Network Premium のその他の更新を確認してください。

     

    Cisco Learning Network Premium トレーニング ビデオについて:

    • シスコ認定の各分野の専門家が担当

    • 各種のシスコ技術者認定に関するコンテンツを提供

    • 自分のペースでの学習が可能

    • 利用可能な Cisco Learning Network Premium トレーニング ビデオのプレビュー [英語]

     

    シスコ ラーニング ネットワーク プレミアムに登録しませんか。月額 11 ドルで登録する方法 [英語] をご確認ください。


    プレミアム サブスクリプションを今すぐ開始 詳細

    CLNBanner