Nelson Figueroa による Cisco Validated Design の紹介

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    プログラムの概要と開発アプローチ

     

    Blog31-CVD graphic.PNG

    このブログでは、Cisco Validated Design(CVD)の概要と、CVD の作成に利用した開発アプローチについて説明します。

     

    CVD プログラムの主な目的は、最新のネットワーク設計用のフレームワークと、各種のソリューションにおけるネットワーク導入ガイダンスをネットワーク専門技術者に提供することです。 多種多様なテクノロジーを利用する場合、作業が困難になることがあります。そこで、CVD プログラムでは、既存のビジネス ニーズに合わせて容易にカスタマイズできる堅固なリファレンス アーキテクチャをネットワーク設計者に提供します。Cisco Validated Design には、設計ガイド クイック タスクから直接アクセスできます。

     

    CVD の開発は、ネットワークの設計および導入方法と同様の方法論に従っています。シスコでは CVD 環境を「顧客ゼロ環境」と呼んでいます。その理由は、新しい環境の確認や技術的な課題の洗い出しをお客様よりも前に行うためです。

     

    CVD を開発するために使用した手順の概要を以下に示します。

     

    1. ビジネスの課題とアプリケーション要件の特定:全世界のセールス部隊、パートナー、およびお客様から情報を収集し、CVD の開発に関する範囲の優先順位付けを行います。設計を堅固なものにするには、ネットワーク ソリューションの要件を完全に理解することが重要です。シスコでは 80-20 ルールを使用して、大部分のお客様に適合する使用例と設計に重点を置きます。 カスタマー ベースの 80 % に関連するソリューションは、CVD に含める候補になります。
    2. 利用可能なテクノロジーと開発中のテクノロジーの分析:ほとんどの設計では、さまざまな既存および将来のテクノロジーを評価します。シスコのアーキテクトは、あらゆるテクノロジーを網羅した幅広い専門知識を利用して、各ソリューションに最適なテクノロジーを容易に決定できるようにします。
    3. ハードウェア プラットフォームの選択:テクノロジーを選択したら、ハードウェア プラットフォームを選択します。ハードウェア/ソフトウェアを決定するために使用する設計基準には、機能性、復元力、パフォーマンス、セキュリティ、拡張性、管理性を含めます。機能とコストの間には常にトレードオフが存在します。このため、さまざまな価格ポイントで各オプションを調査します。
    4. コンセプト実証(高速プロトタイプ)テスト:機能や導入オプションの数が大量になると、経験豊富なネットワーク設計者でも気が引けることがあります。PoC テストを実施することで、正式なソリューション検証プロセスに移行する設計をすばやく決めることができます。
    5. ソリューションの検証:大規模システムのパフォーマンスと、可用性が最高レベルかどうかを厳密にテストします。製品エンジニアリング チームと緊密に連携することで、効率的にチームを拡張し、検証中に発生した問題を解決することができます。
    6. 設計ガイドの作成:ソリューションの検証が正常に終了したら、使用例や設計の選択基準に関する洞察を提供するためのドキュメントを作成します。
    7. 導入ガイドの作成:シスコでは、ソリューションの構成に関する詳細でわかりやすいガイダンスを提供しています。導入ガイドは、ネットワーク プログラマビリティのためにコントローラを使用する自動化ツールの開発でも使用します。

     

    CVD プログラムに関するフィードバックをこちら [英語] からお寄せください。新しいソリューションの開発はシスコにとって大きな投資領域です。そのためシスコでは、フィードバックを活用することで、お客様のビジネス ニーズにとって最も重要な分野で高品質のコンテンツを提供できるようにしています。

     

     

    調べてみたいソリューション分野は何ですか。次回のブログで取り上げて欲しいトピックはありますか。ぜひ、コメント欄に書き込んでください。

     

    著者について

    pic Nelson Figueroa.png

     

     

    Nelson Figueroa は、企業インフラストラクチャ/ソリューション グループのソリューション アーキテクトです。Nelson はトリプル CCIE ホルダーで、この 15 年間、シスコでソリューション開発に注力してきました。

     

     

     

     

    次の方法で、このテーマについてさらに学んだり情報を交換したりすることができます。

    CLNBanner