CCDE:優れたネットワーク設計の柱 - 第 3 部

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    設計時に検討すべきこと:速度と可用性

     

    「地球の柱」シリーズの最初の 2 つのブログでは、コストおよび拡張性について説明しました。このブログでは、設計時に検討すべき 2 つの点である、速度と可用性について取り上げます。

    Blog18 - Pillars - speed and availability.PNG

    アプリケーションをスムーズに実行するために、ネットワークはどの程度の速度があれば、速いと言えるのでしょうか。

     

    速度

    「どの程度の速度があれば、十分な速さなのか」という質問に答えるには、ネットワーク上で現在実行中のアプリケーションと、短期的・中期的に実行を予定しているアプリケーションについて検討する必要があります。”さまざまなアプリケーション(データ、音声、ビデオ)およびルーティング プロトコルには、それぞれ異なるエンドツーエンド帯域幅、遅延、ジッターの要件があります。エンドユーザと、これらのアプリケーションをホスティングするサーバが、ネットワーク上のどこに位置しているかを検討します。顧客に適したネットワークを作成するには、これらの要件を把握する必要があります。

     

    (高)可用性

    ネットワークをアプリケーション対応にする際に検討すべき重要な点は、どのように可用性を高めるかということです。しかし、「可用性」とは実際には何を意味するのでしょうか。可用性とは、ビジネスの観点で、1 年間のうちどの程度のダウンタイムなら許容可能かを示す指標のことです。これは、企業により異なります。顧客の要件(ダウンタイムや SLA 違反のコストが高く、生産性やビジネスの結果に影響を与える)でないかぎり、聞こえが良いからといって ファイブ ナイン(99.999 %)の可用性 を目指すのはやめましょう(高可用性はタダで実現できるものではありません)。可用性は、平均故障間隔(MTBF - 何が、いつ、なぜ、どのように障害を発生させたか)および平均修復時間(MTTR - 修正にどのくらい時間がかかったか)を使用してを計算できます。可用性を高めるには、MTTR を減らし、MTBF を増やします。ネットワークの可用性を最終的に高めるために検討可能なコンポーネントを見てみましょう。

     

    Blog18 - Pillars - high availability.PNG

     

    信頼性

    信頼性とは、送信したパケットが、一貫して、タイムリーかつ予測した通りに正確に意図した宛先側で受信されることを指します。ネットワークの信頼性を実現するには、代替パス、トラフィック エンジニアリング、適切なルート集約において、対称ルーティング(非対称ルーティングと対照)を検討します。

     

    冗長性

    冗長性とは、コンポーネントを重複させて、特定のコンポーネントで発生した障害がネットワークの残りの部分に影響しないようにすることです。冗長性を実現するには、コンポーネント(ハードウェア/ソフトウェアおよびリンク)の直列配置、単一障害点、フェイト シェアリングを避け、コンポーネントの並列配置、機能の分散、障害ドメインの縮小を検討します。

     

    (短時間での)コンバージェンス

    短いコンバージェンス時間で高い可用性を実現するためのテクノロジーは多くあり、障害検知と伝達、最適な代替パス決定の処理、影響を考慮した最適な代替パスの使用、解決した障害からの回復などのカテゴリに分類されます。

     

    復元力

    復元力とは、継続稼働(ビジネスの継続性)のために、運用担当者の手動による介入なく、ネットワークが自己回復する機能のことです。復元力を実現するには、すでに使用している、または使用する予定の、レイヤ 2 やレイヤ 3 プロトコルに関連する前述のテクノロジーの使用を検討します。また、プロトコル タイマーの微調整を行います。ただし、調整には注意が必要です。

     

    有用性

    通常、安定したネットワークでの障害要因はなんでしょうか。ケーブル、通信機器、電力装置およびハードウェアの故障もありますが、これらは冗長性で解決できます。攻撃、人為的なミス、および変更が主な要因になります。有用性を実現するには、ネットワーク設計を簡素化し、ネットワークに関する記録を常に最新にしておき、変更管理プロセスを確立して従います。

     

     


    pic-elopes3.PNG

     

     

     

    Elaine Lopes は、CCDE および CCAR 認定プログラム マネージャで、教育と認定を通じて生活をより豊かにする取り組みに励んでいます。

     

     

     

    次の方法で、このテーマについてさらに学んだり情報を交換したりすることができます。

    CLNBanner