Cisco Expert-Level Training for CCIE Routing and Switching v5.0: スターター & アドバンス ミニバンドル

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    img2.jpg

    Cisco Expert-Level Training for CCIE Routing and Switching v5.0:
    スターター & アドバンス ミニバンドル

    製品番号:360-RSW-05-SSB-BUN-019982     

    製品ライン:Cisco 360 Learning Program for CCIE R&S

    サブスクリプション期間:558 日

    価格:1599.00 米ドル (ご購入は、英語サイトからとなります。“ご購入ガイド”をご覧ください。)

     

    スターターおよびアドバンス ミニバンドルを同時に入手することで、CCIE の学習を強化でき、スタンドアロン製品の通常価格より 20 % 割引になります。このプロモーションは、Cisco Learning Network Store 限定で、2016 年 4 月から 5 月の間のみ提供されます。

     

    スターターおよびアドバンスミニバンドルは、CCIE ラボ試験 v5.0 の準備を進める受験者向けの自習用製品です。次の重要な CCIE 学習資料が低価格で提供されます。

    • コアおよびアドバンスの実践演習用ワークブック(エキスパートレベルのラボを 25 含む)。01 ~ 20 の各ラボには、トラブルシューティングと構成セクションが含まれ、21 ~ 25 は大規模な構成のラボになっています。
    • Linux(IOL)プラットフォーム上の Cisco IOS 仮想ラック レンタル(250 時間)。
    • 2,000 ページを超える技術資料のリファレンス ライブラリ。
    • 技術的スキルのベースラインを測定するための事前評価ラボ。
    • 学習者が選択可能な 4 つのパフォーマンス評価ラボ。(各ラボにはトラブルシューティング セクションと構成セクションが含まれます)
    • 学習者が選択可能な 2 つの診断評価ラボ。
    • 各ラボに関する詳細な解答集とインタラクティブなメンター ガイド。

     

    ワークブックのトラブルシューティング セクションおよび構成セクションは別々にスケジューリング可能で、開始時間と終了時間も自由に設定できます。ラボをスケジュールする際、そのラボの構成に、過去 30 日間に使用した初期構成または保存した構成を選択して適応することができます。

    パフォーマンス評価ラボは 1 つの単位としてスケジュール設定されますが、構成セクションおよびトラブルシューティング セクションは、1 時間単位で延長でき、各セクションにつき最大 2 時間まで延長できます。学習者は、13 のパフォーマンス評価ラボから 4 つ、3 つの診断評価ラボから 2 つを選択できます。

    ラボは、Cisco IOS リリース 15 M および T を使用する Linux(IOL)プラットフォーム上の IOS で、現在 IOL でサポートされている機能を使用して提供されます。製品には、18 ヵ月のサブスクリプションが含まれます。

    Cisco Expert-Level Training for CCIE Routing and Switchingの詳細をご覧ください。

    コンテンツおよび学習管理システムのスクリーンショットを表示する [英語]。

     

    CLNBanner