設計課題 – パート 1(Mohamed Sobair)

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    設計課題 – パート 1(Mohamed Sobair)

    実用ネットワーク設計手法:課題

     

    このブログでは、要件と制約に基づく方法論ウォークスルーを実施し、Vision という架空の企業を例に適切な設計オプションを選択してその正当性を示します。この方法論の最終的な目標は、与えられたビジネス要件と技術要件を検討し、最も適切な設計オプションを 1 つ選択するという作業を通じてネットワーク設計者の思考プロセスを体験することです。これは 2 部構成シリーズの前編です。したがって、ここでは設計課題と皆さんが評価するオプションを提示します。下記の詳しい課題に目を通し、私の次回の投稿をお待ちください。後編では、私がどのようにこの課題に取り組み、設計オプションを選択したかをご紹介します。この方法論ウォークスルーは、CCDE 試験の準備にも実際の設計にも大いに役立つはずです。

     

    この設計課題を解決するために実行する手順は次のとおりです。

    1. BGP および MPLS に関する技術的知識があることを確認します。最も適切なオプションを選択し、その正当性を示すことによってこの課題を解決するには、これらの知識が必要です。
    2. ビジネス要件と技術要件をすべて列挙して比較し、与えられたオプションの中から最も適切な設計を選択します。
    3. すべての制約を列挙し、それらを比較します。
    4. 最適な設計オプションを選択してその正当性(そのオプションが適切な理由)を示します。
    5. 選択しなかった設計オプションの非正当性(それらが不適切な理由)を示します。

     

    課題:

    • Vision は、国内の分散した 3 都市に POP を展開している Tier 2 ISP です。
    • Vision ISP は、都市間のコア MPLS ネットワークをファイバ リンクで接続しています。
    • Vision ISP は、ビジネスの継続性を必要としています。
    • Vision ISP は、企業、ホーム ユーザ、ローカル ISP などの顧客にデータ、インターネット、レイヤ 2 VPN、レイヤ 3 VPN、IPTV、マルチキャスト VPN、音声サービスを提供しています。
    • Vision ISP は、MPLS を活用してデータと VoIP トラフィックをコスト効率の高い方法で分類しています。
    • 都市「2」は、他の 2 つの都市を連結する中継都市です。
    • 各都市には 8 つの POP と 4 台のルータがあり、POP の各 PE ルータは 2 台の P ルータにデュアルホーム接続されています。各 POP は 1 台の PE ルータで構成されています。
    • P ルータは、STM-64 10 GE ライン カードを搭載したハイエンド ルータ上で制御とデータ プレーン機能を実行できるように直列に配置されています。

     

    Blog16-Figure1.jpg

    図 1:Vision の主要なトポロジ

     

    MPLS バックボーンには MP-BGP を実装する必要があります。さらに経営陣は、拡張性、シンプルさ、復元力に優れた物理およびコア レイヤ、きめ細かいポリシー制御、都市間(POP 間)と都市内(POP 内)の両方の接続を提供する設計ソリューションを求めています。

     

    6 つの提案された設計オプションを次に示します。

    Blog16-Figure2.jpg

    図 2 – 提案された設計オプション 1 – 2 つの水平 RR を 1 つの BGP クラスタに配置する階層型 RR 設計

     

    Blog16-Figure3.jpg

    図 3 - 提案された設計オプション 2 - 2 つの垂直 RR を 1 つの BGP クラスタに配置する階層型 RR 設計

     

    Blog16-Figure4.jpg

    図 4 - 提案された設計オプション 3 - 都市のすべての RR を単一の BGP クラスタに配置する階層型 RR 設計

     

    Blog16-Figure5.jpg

    図 5 - 提案された設計オプション 4 - 都市の各 RR を単一の BGP クラスタに配置する BGP コンフェデレーション

     

    Blog16-Figure6.jpg

    図 6 - 提案された設計オプション 5 - 都市の 2 つの水平 RR を別々の BGP クラスタに配置する BGP コンフェデレーション

     

    Blog16-Figure7.jpg

    図 7 - 提案された設計オプション 6 - 都市の 2 つの垂直 RR を別々の BGP クラスタに配置する BGP コンフェデレーション

     

     

    上記の要件に最も適うオプションを選択してその正当性を示してください。次回のブログでは、設計オプションを選択するために実行した手順をご紹介します。

     

    著者について

    Blog16-17- Mohamed Sobair pic.png

     

    Mohamed Sobair は、CCIE# 29645、MSc、ITiLv3、JNCIS、PMP の取得者で、IT 業界で 10 年以上の業務経験があり、さまざまな企業、電気通信事業者、ISP のお客様にソリューションとコンサルティング サービスを提供しています。彼は現在、シスコのエキスパートレベル プログラムの専門家としてボランティアで活動しています。Mohamed は設計とアーキテクチャに情熱を注いでおり、普段は CLN とシスコ サポート コミュニティのシスコ テクノロジーに関するディスカッションに参加して意見を投稿しています。

     

     

    次の方法で、このテーマについてさらに学んだり情報を交換したりすることができます。

    CLNBanner