CCIE Collaboration 筆記試験の内容

    CCIE Collaboration 筆記試験 (400-051) バージョン 1.1

     

    試験の概要

     

    Cisco CCIE Collaboration 筆記試験(400-051)バージョン 1.1 は 90 ~ 110 問で構成される 2 時間の試験です。 この試験では、企業のコラボレーションおよび通信ネットワークの計画、設計、導入、運用、トラブルシューティングに必要なスキルがあることを認定します。

     

    試験は参考書持ち込み不可であり、いかなる外部の参考資料の使用も認められません。 次に、この試験の一般的な出題内容を示します。 ただし、試験によっては、ここに示されていない関連分野も出題される場合があります。 試験内容をより適切に反映させ、明確にするために、次のガイドラインは事前の通告なく変更されることがあります。

     

    CCIE Collaboration 筆記試験 v1.1 (2018年7月23日より前に受験予定の方に推奨いたします)

     

    PDF 版をダウンロードする

     

    1.0 シスコ コラボレーション インフラストラクチャ

    10%

    詳細を表示

    1.1  Cisco UC 導入モデル

     

    1.2  ユーザ管理

     

    1.3  シスコ コラボレーション ソリューションの IP ルーティング

     

    1.4  シスコ コラボレーション ソリューションの仮想化

    • 1.4.a  UCS
    • 1.4.b  VMware
    • 1.4.c  アンサー ファイル

     

    1.5  シスコ コラボレーション ソリューションのワイヤレス

     

    1.6  ネットワーク サービス

    • 1.6.a  DNS
    • 1.6.b  DHCP
    • 1.6.c  TFTP
    • 1.6.d  NTP
    • 1.6.e  CDP/LLDP

     

    1.7  PoE

     

    1.8  音声およびデータ VLAN

     

    1.9  IP マルチキャスト

     

    1.10  IPv6

    2.0 テレフォニー規格とプロトコル

    12%

    詳細を表示

    2.1  SCCP

    • 2.1.a  コール フロー
    • 2.1.b  コール状態
    • 2.1.c  エンドポイント タイプ

     

    2.2  MGCP

    • 2.2.a  コール フロー
    • 2.2.b  コール状態
    • 2.2.c  エンドポイント タイプ

     

    2.3  SIP

    • 2.3.a  コール フロー
    • 2.3.b  コール状態
    • 2.3.c  SDP
    • 2.3.d  BFCP

     

    2.4  H.323 と RAS

    • 2.4.a  コール フロー
    • 2.4.b  コール状態
    • 2.4.c  ゲートキーパー
    • 2.4.d  H.239

     

    2.5  音声およびビデオのコーデック

    • 2.5.a  H.264
    • 2.5.b  ILBC
    • 2.5.c  ISAC
    • 2.5.d  LATM
    • 2.5.e  G.722
    • 2.5.f  ワイド バンド

     

    2.6  RTP、RTCP、および SRTP

    3.0 Cisco Unified Communications Manager (CUCM)

    22%

    詳細を表示

    3.1  デバイス登録と冗長性

     

    3.2  デバイス設定

     

    3.3  コーデックの選択

     

    3.4  コール機能

    • 3.4.a  コール パーク
    • 3.4.b  コール ピックアップ
    • 3.4.c  BLF スピード ダイヤル
    • 3.4.d  ネイティブ コール キューイング
    • 3.4.e  コール ハント
    • 3.4.f  ミートミー

     

    3.5  ダイヤル プラン

    • 3.5.a  グローバル化されたコール ルーティング
    • 3.5.b  ローカル ルート グループ
    • 3.5.c  Time-of-Day ルーティング
    • 3.5.d  アプリケーション ダイヤル ルール
    • 3.5.e  デジット操作

     

    3.6  メディア リソース

    • 3.6.a  TRP
    • 3.6.b  MOH
    • 3.6.c  CFB
    • 3.6.d  トランスコーダおよび MTP
    • 3.6.e  アナンシエータ
    • 3.6.f  MRG および MRGL

     

    3.7    CUCM のモビリティ

    • 3.7.a  EM/EMCC
    • 3.7.b  デバイス モビリティ
    • 3.7.c  モバイル コネクト
    • 3.7.d  MVA

     

    3.8    CUCM の有用性と OS の管理

    • 3.8.a  データベース複製
    • 3.8.b  CDR
    • 3.8.c  サービスのアクティベーション
    • 3.8.d  CMR

     

    3.9    CUCM ディザスタ リカバリ

     

    3.10    ILS/URI ダイヤリング

    • 3.10.a  ディレクトリ URI
    • 3.10.b  ISL トポロジ
    • 3.10.c  混合アドレッシング

     

    3.11    コール アドミッション制御

    • 3.11.a  CAC/ELCAC
    • 3.11.b  RSVP
    • 3.11.c  SIP プレコンディション

     

    3.12    SIP および H.323 トランク

    • 3.12.a  SIP トランク
    • 3.12.b  H.323 トランク
    • 3.12.c  番号表示と操作

     

    3.13    SAF および CCD

     

    3.14    通話録音とサイレント モニタリング

    4.0 Cisco IOS UC のアプリケーションと機能

    16%

    詳細を表示

    4.1  CUCME

    • 4.1.a  SCCP 電話登録
    • 4.1.b  SIP 電話登録
    • 4.1.c  SNR

     

    4.2  SRST

    • 4.2.a  CME-as-SRST
    • 4.2.b  MGCP フォールバック
    • 4.2.c  SRST の MMOH

     

    4.3  CUE

    • 4.3.a  AA
    • 4.3.b  スクリプティング
    • 4.3.c  Voiceview
    • 4.3.d  Web inbox
    • 4.3.e  MWI
    • 4.3.f  VPIM

     

    4.4  Cisco IOS ベースのコール キューイング

    • 4.4.a  B-ACD
    • 4.4.b  音声ハント グループ
    • 4.4.c  コール ブラスト

     

    4.5  Cisco IOS メディア リソース

    • 4.5.a  会議
    • 4.5.b  トランスコーディング
    • 4.5.c  DSP 管理

     

    4.6  CUBE

    • 4.6.a  通話中シグナリング
    • 4.6.b  SIP プロファイル
    • 4.6.c  アーリー オファーおよびディレイド オファー
    • 4.6.d  DTMF インターワーキング
    • 4.6.e  ボックスツーボックス フェールオーバーおよび冗長性

     

    4.7  ファックスおよびモデム プロトコル

     

    4.8  アナログ テレフォニー シグナリング

    • 4.8.a  アナログ テレフォニー シグナリング理論(FXS/FXO)
    • 4.8.b  発信者 ID
    • 4.8.c  回線電圧の検出
    • 4.8.d  THL スイープ
    • 4.8.e  FXO 切断
    • 4.8.f  エコー

     

    4.9  デジタル テレフォニー シグナリング

    • 4.9.a  デジタル テレフォニー シグナリング理論(T1/E1、BRI/PRI/CAS)
    • 4.9.b  Q.921 および Q.931
    • 4.9.c  QSIG
    • 4.9.d  発信者 ID
    • 4.9.e  R2
    • 4.9.f  NFAS

     

    4.10  Cisco IOS ダイヤル プラン情報

    • 4.10.a  トランスレーション プロファイル
    • 4.10.b  ダイヤルピア マッチング論理
    • 4.10.c  テスト コマンド

     

    4.11  SAF/CCD

     

    4.12  IOS CAC

     

    4.13  IOS アカウンティング

    5.0 シスコ コラボレーション ソリューションの QoS とセキュリティ

    12%

    詳細を表示

    5.1  QoS:リンク効率

    • 5.1.a  LFI
    • 5.1.b  MMLPPP
    • 5.1.c  FRF.12
    • 5.1.d  cRTP
    • 5.1.e  VAD

     

    5.2  QoS:分類およびマーキング

    • 5.2.a  音声とビデオの分類
    • 5.2.b  ソフト クライアントとハード クライアント
    • 5.2.c  信頼境界

     

    5.3  QoS:輻輳管理

    • 5.3.a  レイヤ 2 プライオリティ
    • 5.3.b  低遅延キュー
    • 5.3.c  トラフィック ポリシングとシェーピング

     

    5.4  QoS:メディアネット

     

    5.5  QoS:ワイヤレス QoS

     

    5.6  セキュリティ:混合モード クラスタ

     

    5.7  セキュリティ:セキュアな電話接続

    • 5.7.a  VPN 電話
    • 5.7.b  電話プロキシ
    • 5.7.c  TLS プロキシ
    • 5.7.d  IEEE 802.1x

     

    5.8  セキュリティ:デフォルトのセキュリティ機能

     

    5.9  セキュリティ:ファイアウォール超え

     

    5.10  セキュリティ:電話ハッカーの侵入

    6.0 Cisco Unity Connection

    8%

    詳細を表示

    6.1  CUCM と CUCME の統合

     

    6.2  シングル インボックス

     

    6.3  MWI

     

    6.4  コール ハンドラ

     

    6.5  CUC ダイヤル プラン

     

    6.6  ディレクトリ ハンドラ

     

    6.7  CUC 機能

    • 6.7.a  ハイ アベイラビリティ
    • 6.7.b  ビジュアル ボイスメール
    • 6.7c  Jabber のボイスメール

     

    6.8  ボイスメール ネットワーキング

    7.0 Cisco Unified Contact Center Express

    4%

    詳細を表示

    7.1  UCCXCTI 統合

    7.2  ICD 機能

    7.3  MWI

    7.4  UCCX スクリプト コンポーネント

    8.0 Cisco Unified IM およびプレゼンス

    6%

    詳細を表示

    8.1 Cisco Unified IM プレゼンス コンポーネント

    8.2 CUCM 統合

    8.3 Cisco Jabber

    8.4 フェデレーション

    8.5 プレゼンス クラウド ソリューション

    8.6 グループ チャットおよびコンプライアンス

    9.0 最新テクノロジー

    10%

    詳細を表示

    9.1 クラウド

    • 9.1.a クラウド導入モデルの比較対照
      • 9.1.a(i) インフラストラクチャ、プラットフォーム、ソフトウェア サービス(XaaS)
      • 9.1.a(ii) パフォーマンスおよび信頼性
      • 9.1.a(iii) セキュリティおよびプライバシー
      • 9.1.a(iv) 拡張性および相互運用性
    • 9.1.b クラウドの導入および運用に関する説明
      • 9.1.b(i) 自動化およびオーケストレーション
      • 9.1.b(ii) ワークロード モビリティ
      • 9.1.b(iii) トラブルシューティングおよび管理
      • 9.1.b(iv) OpenStack コンポーネント

    9.2 ネットワーク プログラマビリティ(SDN)

    • 9.2.a ネットワーク プログラマビリティ(SDN)の各機能要素および要素間での相互作用方法の説明
      • 9.2.a(i) コントローラ
      • 9.2.a(ii) API
      • 9.2.a(iii) スクリプティング
      • 9.2.a(iv) エージェント
      • 9.2.a(v) ノースバンド プロトコルとサウスバンド プロトコル
    • 9.2.b ネットワーク環境における仮想化と自動化についての説明
      • 9.2.b(i) DevOps の方法論、ツール、ワークフロー
      • 9.2.b(ii) ネットワーク/アプリケーション機能の仮想化(NFV、AFV)
      • 9.2.b(iii) サービス機能のチェーニング
      • 9.2.b(iv) パフォーマンス、可用性、拡張性に関する考慮事項

    9.3 Internet of Things(IoT)

    • 9.3.a Internet of Things のアーキテクチャ フレームワークと導入に関する考慮事項の説明
      • 9.3.a(i) パフォーマンス、信頼性、拡張性
      • 9.3.a(ii) モビリティ
      • 9.3.a(iii) セキュリティおよびプライバシー
      • 9.3.a(iv) 標準およびコンプライアンス
      • 9.3.a(v) 移行
      • 9.3.a(vi) ネットワークへの環境面の影響
    CLNBanner