CCDE:それではどうするか

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    CCDE:それではどうするか

    要件を満たすネットワーク設計の構築、選択、適正確認の手法

     

    これまで、要件をすべて引き出すために必要なことを質問してきました。そして、さらに重要な、お客様が伝えなければならないことに積極的に耳を傾け、それを基に要件仕様書を作成するということを実施しました(ビジネス要件、技術要件、ユーザ要件、アプリケーション要件など)。では、次になにをすればよいでしょうか。これらの要件を満たすネットワーク設計を構築するには、どのように取り組みますか。まず、このブログに情報を提供していただいた Hitesh Lodhi 氏と Indika Prasad Kumara 氏にお礼を申し上げます。

     

    さまざまな制約の中で要件を満たすネットワークを構築する

    優れた設計に必要な重要事項をすべて組み込みます(つまり、要件に立ち戻るということです)。それらには、冗長性/復元力/コンバージェンス時間/信頼性/可用性、速度、セキュリティ、コスト(CapEx)、シンプル性(OpEx)、管理性、拡張性、モジュール性/柔軟性があります。

     

    まだ構築途上の先進プロジェクトに関与しているのでない限り、誰かが同じような設計をすでに作成している可能性があり、他の人の経験を利用してより迅速に、より信頼性が高い設計をすることができます。Cisco Validated Design プログラム [英語] のサイトでネットワーク設計のベスト プラクティスを参照してください。

     

    しかし、やみくもにそのままソリューションを使用することはしないでください。事前に特定した制約事項を考慮し、既存のネットワークに悪影響を与える可能性がないかを判断して、現在の状況にそれらのソリューションが適応することを確認してから採用します。設計ソリューションの正当性を確認するには、制約事項と影響の両方を文書化することが重要です。

     

    相反する要件を解決するための 1 つの手法(「唯一の手法」ではありません)

    要件の間に矛盾がある場合はどうしますか。自分が選択した設計の正当性をどうすれば証明できますか。同一条件で比較する手法を使用すると役に立ちます。意思決定に役に立つかもしれない手法の一例を次に示します。

     

    1.ビジネス要件と技術要件をすべてスプレッドシートに 1 行ずつリストアップします。

     

    2.どんなことでもそうですが、ある要件の重要性が他の要件よりも高くなったり、重点がおかれたりすることがあります。このような場合たとえば、高/中/低で優先順位を設定する仕組みを使用します。他の要件よりも優先すべき重要な要件はありますか。この手順はオプションで、設計プロジェクトの複雑性によっては必要になります。相反する要件が多くある場合などで、その状態を解消し得るものです。

     

    3.お客様の多くは、選択肢がいくつかあることを好まれます。利用可能なソリューション、テクノロジー、機能をすべてリストアップし、スプレッドシートの一番上の列に並べて記載します。

     

    4.各設計ソリューションが所定の要件をどの程度満たしているかに応じて点数をつけることで客観的に比較対照することができます。たとえば、要件を完全に満たしているものと、部分的にしか満たしていないものでそれぞれ点数を付けていきます。この表は、自分が選択した設計の正当性や他の設計を選択しなかった理由を示す手段になります。

     

    要件優先順位(オプション)設計ソリューション 1設計ソリューション 2設計ソリューション 3 など
    要件 1
    要件 2
    要件 3 など
    合計 1合計 2合計 3

     

    5.各設計ソリューションの要件への適合度合い(例:完全に適合 = 3、部分的に適合 = 1)に優先順位係数(例:高 = 5、中 = 3、低 = 1)を掛け、各列の値を合計します。

     

    6.定量的アプローチによって最高点のソリューションが判明しますが、これが常に最良の選択なのでしょうか。そんな風にシンプルだったら良いのですが。ある 1 つの設計ソリューションが制約によって重要な要件をすべて満たすことができない場合や、好ましくない影響がある場合は、お客様にどれかをあきらめていたく必要があります。比較表を使用すると、お客様と選択肢をうまく検討できるでしょう。選択肢が 1 つではすべてのロケーションに適用できない可能性があり、複合アプローチを採用する必要があるかもしれません。最後に、みなさんはテクノロジーのことだけ考えて選択すればよいのではなく、お客様の立場に立って考える必要があることを忘れないでください。

     

    Elaine Lopesさまざまな制約の中で要件を満たすネットワーク設計を作成するには、みなさんならどうしますか。ブログで取り上げてほしいアイデアがありますか?ぜひ、コメント フィールドに追加してください。

     

    Elaine Lopes は、CCDE および CCAR 認定プログラム マネージャで、教育と認定を通じて生活をより豊かにする方法について、熱心に取り組んでいます。

     

    次の方法で、このテーマについてさらに学んだり情報を交換したりすることができます。

    CLNBanner