CCIE Routing and Switching テクニカルセミナー

    本ページは英語ドキュメントを翻訳したものです。

     


     

    CCIE Routing and Switching v5.0 テクニカル セミナー

    CCIE Routing and Switching 認定に関するテクニカル セミナーは、CCIE Routing and Switching v5.0 試験の準備に最適です。シスコの各分野の専門家とともに、この試験の合格に必要なトピックを詳しく考察しましょう。エキスパート レベルの最新の知識を把握しておきたいと考える IT 担当者の方、また、より高度な職務への異動を希望する方にも、これらのビデオが役立ちます。

     

    ライブおよび録画版の Web セミナーはメンバーのみ視聴できます。
    Cisco Learning Network へのメンバー登録がまだの方は、 今すぐ登録できます。ご登録は無料です。
    本ページの更新情報を受け取るには、画面右上にある [フォロー (Follow)] ボタンをクリックしてください。

    CCIE Routing and Switching トレーニング ビデオ

    録画版 CCIE Routing and Switching テクニカル セミナーの視聴 [英語]
    録画版 Web セミナーの視聴にはログインが必要です。

    所要時間

    タイプ

    CCIE Routing and Switching v5 ラボ試験フォーマットのトラブルシューティング、コンフィグレーション、分析 詳細を表示

    レッスン 1:
    ラボのトラブルシューティングにおける BGP および MPLS タスク
    15:11
    レッスン 2:
    CCIE Routing and Switching の問題解決
    17:45
    レッスン 3:
    ラボのコンフィグレーションにおける BGP および MPLS タスク
    29:18
    レッスン 4:
    シナリオの実践、IPv4 のダイアグラム
    15:36
    レッスン 5:
    シナリオの実践、IPv4 アドレッシングおよび IGP トポロジ

    ポストウェビナー ディスカッション スレッド

    19:27

    Cisco Expert-Level Training for CCIE Routing and Switching (旧 Cisco 360) 詳細を表示

    レッスン 1:
    ラボのタイプ
    14:14
    レッスン 2:
    アセスメント ラボ グレード レポート
    15:27
    レッスン 3:
    CCIE の学習における 3つのフェイズ
    12:23
    レッスン 4:
    アセスメント ラボおよびレッスン

    ポストウェビナー ディスカッション スレッド

    19:48

    CCIE Lab Builder (Bruno van de Werve、Greg Coté、Ramesh Bijor)詳細を表示

    レッスン 1:
    CCIE 試験の準備に役立てるための方法
    10:32
    レッスン 2:
    CCIE Lab Builder へのアクセス方法と使い方
    10:02
    レッスン 3:
    複雑なトポロジーで LDC/LDS ファイルをダウンロードする
    6:15
    レッスン 4:
    質疑応答
    5:56
    レッスン 5:
    MPLS ラボで ディストリビューション用に保存する
    9:51
    レッスン 6:
    その他の質疑応答

    ポスト セミナー ディスカッション スレッド

    14:30

    新試験を攻略 (Bruno van de Werve、Greg Coté、Ramesh Bijor)詳細を表示

    レッスン 1:
    CCIE Routing and Switching v5.0 ラボ試験の仕組み
    試験プログラム マネージャの Bruno van de Werve が CCIE Routing and Switching プログラムの変更点を概説します。内容は、プログラムの主な方向性、試験内容の変更点(新規追加、RSv4 ラボから RSv5 筆記への移行、廃止)、新しいラボ試験の仕組み(モジュール方式のバーチャル試験、新しい診断モジュール、オプションのタイミング、新たな採点方式)などです。
    21:14
    レッスン 2:
    ラボ試験の仕組みに関する質疑応答
    最低合格点、ラボレベルでの足切り点、再受験ポリシー、試験料金、リモート ラボ、トレーニング製品、仮想プラットフォームなど、新たな採点方式の根拠について、質問に沿って解説します。また、ラボ試験の特徴や試験のモジュール間の差異に言及しながら、得点、試験ワークフロー、タイミングなどに関連した受験戦略について、推奨事項をいくつか説明します。
    13:48
    レッスン 3:
    デモンストレーションと診断ガイドライン
    トラブルシューティング モジュールのラボ試験 Web インターフェイスのデモンストレーションを行います。インターフェイスの機能とメニュー(質問、図、ガイドライン、デバイス管理)を使いながら、典型的なシナリオについて考察します。トラブルシューティングのガイドラインと典型的な設問サンプルを見直すとともに、 診断モジュールのラボ試験インターフェイスのデモンストレーションを行います。
    15:21
    レッスン 4:
    課題例 1「LAN スイッチング」および課題例 2「EIGRP」
    診断に関する設問の具体例を考察します。最初の例は LAN スイッチングに関する多肢選択のドロップダウン問題、2 つ目は EIGRP を使用したルーティングに関する単一解答のホットスポット問題またはポイント アンド クリック形式の問題です。さらに、ユーザにとって便利な Web インターフェイスの機能や、推奨される設問対処法も紹介します。
    15:36
    レッスン 5:
    課題例 3:「OSPF」
    もう 1 つの例として、OSPF に関するドラッグ アンド ドロップ形式の診断問題を考察します。典型的なシナリオ、設問、診断方法を使用し、設定モジュールのラボ試験インターフェイスのデモンストレーションを行います。設定モジュールの重要部分、特に実装シーケンスや明示要件と暗示要件の対比を示します。
    13:18

    レッスン 6:
    質疑応答とまとめ
    試験環境、見直し/再読み込みプロセス、設問の相互依存関係、使用可能なツールとヘルプ、端末とウィンドウなど、さまざまな内容について一般的な質問に答えます。

    ポスト セミナー ディスカッション スレッド

    23:35

    CCIE ラボ試験 勉強の秘訣と対策(Fabien Degouet (CCIE 6冠)) 詳細を表示

    レッスン 1:
    CCIE 認定の概要
    7:20
    レッスン 2:
    CCIE 勉強の秘訣
    24:32
    レッスン 3:
    CCIE ラボ試験中の心得
    11:28
    レッスン 4:
    CCIE ラボ試験後:質疑応答

    ポスト セミナー ディスカッション スレッド

    16:14

    プレゼンターの紹介

    CCIE Exam Program Manager for the CCIE Routing and Switching ExamsBruno van de Werve:シスコ社の試験プログラム マネージャ(CCIE Routing and Switching 試験を担当)Bruno van de Werve(CCIE 20066 [Routing and Switching])は、CCIE Routing and Switching の筆記試験およびラボ試験を担当している試験プログラム マネージャです。試験の設計とコンテンツ開発を行っています。9 年以上シスコに在職しています。この職務に就く前は、ブリュッセルで TAC エンジニアとして働いたのち、CCIE の試験官を務めていました。

     

     

    Product Manager for the Routing & SwitchingGreg Coté:シスコ社のプロダクト マネージャ(Routing & Switching、Design、Wireless の技術者認定トラックを担当)Greg Coté は、Routing & Switching、Design、Wireless の技術者認定トラックを担当しているプロダクト マネージャです。認定のプロダクト マネージャとして、担当する認定および関連トレーニングの改訂計画や調整作業に取り組んでいます。この職務に就く前は、12 年以上にわたり、シスコのさまざまな事業部で、ASR1000、ASR9000、ISR などのルーティング プラットフォームのマーケティング プロダクト マネージャを務めてきました。

     

     

    Raymond ViscainaRamesh Bijor:シスコ社のプロダクト マーケティング マネージャ(技術者認定およびトレーニング製品を担当)Ramesh Bijor は、シスコで技術者認定およびトレーニング製品を担当しているプロダクト マーケティング マネージャです。6 年以上シスコに在職しています。CCNA から、CCNP、CCIE までの範囲の Routing and Switching、Design、Wireless のポートフォリオを担当しています。

     

     

    Bruce CaslowBruce Caslow - CCIE、CCSI ネットワーキング業界に30年以上、テクニカルトレーニングに28年以上の経験を持つ Bruce Caslow は、最高レベルのテクニカルトレーニングの開発と提供方法に関する膨大な専門知識を有しています。過去20年間、Bruce は Cisco CCSI であり、1997年に CCIE を取得しました。1998年に、Bruce は CCIE Routing and Switching ラボ対策のため、元学生であった Val Pavlichenko と彼のテクニカルエディターと共に最初の教科書を書いています " Bridges, Routers and Switches for CCIE (Prentice Hall)"。 2001年の秋、Bruce と Val は NetMasterClass を設立し、Web ポータルとアセスメントラボシリーズを統合した CCIE ブートキャンプの提供を開始しました。その後、このコンテンツは Cisco 360 program for CCIE Routing and Switching に進化しました。 2008年から今日まで、Bruce は NetMasterClass トレーニング部門を運営しており、Cisco 360プログラムの強力なメンタリングプログラムを開発しました。 2016年1月現在、Bruce は NetMasterClass のリーダーシップチームで15年目を迎え、NetMasterClass と高度なネットワークトレーニングを連携させ、CCIE Routing and Switching コースおよびデータセンターとクラウドコースの Cisco Expert-Level トレーニングを提供します。

     

     

    Rimma GounaresRimma Gounares - Expert-Level Training 2次サポートRimma は、2010年に Cisco Expert-Level Training (旧 Cisco 360) に2次サポートチームマネージャーとして参加しました。CCIE Routing and Switching および Collaboration トレーニングに必要なコンテンツを管理し、第一人者と連絡を取りました。 彼女は世界中からのインストラクターや学習パートナーと協力して、最も人気の高いシスコ認定資格の取得をお手伝いします。 Rimma は Cisco Live! US イベントに出席し、World of Solutions (ウォークインのセルフペースラボ) やテクニカルセッションで、Cisco Expert-Level training for CCIE Routing and Switching ラボのファシリテーションを行います。 余暇には、太平洋北西部の野外活動を楽しみます。

     

     

    Fabien DegouetFabien Degouet:CCIE 6冠 (#6684、ルーティング&スイッチング/セキュリティ/ボイス/サービスプロバイダー/ワイヤレス/ストレージ) Fabien Degouet は 2007年、ラテンアメリカで大規模なサービスプロバイダーに対応するシスコメキシコの TAC 部門に就きました。 現在、メキシコでサービスプロバイダー システムズ エンジニアとして在職し、特に MPLS やルーティングなどのコアテクノロジーに関連する業務に注力しています。また、メキシコで実施される CCIE モバイルラボのプロクターを務めています。フランスで ESEO (Electonics/Systems Engineering) を専攻し、エンジニアとして卒業しました。

     

    CLNBanner