ケーススタディ:高度資格取得 (CCIE) への挑戦●ドコモエンジニアリング(*) 第1回

    (*) ドコモエンジニアリング株式会社は、2014年7月1日をもって、 新会社 「株式会社ドコモ CS」 に統合されました。

     

    ケーススタディ●ドコモエンジニアリング第1回

    高度資格取得 (CCIE) への挑戦

    ~ALL-IP ネットワークを担うドコモエンジニアリング高度技術者育成~

    NTT ドコモのネットワークの建設と保守などを事業とするドコモエンジニアリングは、2013年春からネットワーク資格の最高峰である CCIE の取得者を増やすための本格的な取り組みを始めました。

    本稿では同社がどのような社員教育を行い、CCIE 取得者増を目指しているのかを紹介します。

    ALL-IP 化が進む携帯電話網を担うために高度技術者を養成

        ドコモエンジニアリングは、関東甲信越を業務エリアとして NTT ドコモの携帯電話網の建設や保守とドコモおよびドコモグループ各社の技術者育成などを主な事業としています。同社は今春、CCIE の取得者を増やすための本格的な取り組みを始めました。

        皆さんよくご存じの通り、CCIE はネットワーク資格の最高峰です。「携帯電話は無線通信のはず。どうしてネットワーク資格である CCIE の取得者を増やす必要があるの?」 とお考えの方もいるかもしれません。

        確かに携帯電話網では、携帯電話端末と無線基地局との間を電波で接続しています。しかし、無線基地局から先は、ルータやスイッチ等の機器で構成されたネットワークにより、相手の最寄りの無線基地局まで音声とデータを伝送しているのです。

        ですから、ドコモの携帯電話網の建設と保守を担うドコモエンジニアリングにとっても CCIE は無縁ではないのです。それどころか、ALL-IP 化が進む携帯電話網を担うドコモエンジニアリングにとって、CCIE の取得者を増やし、高度技術者を育成していくことはとても重要なことなのです。

    LTE の高度化やクラウドを活用したサービス提供を可能にする

    ビジネス事業本部 技術推進事業部長 山下治輝氏
    山下治輝氏
    ビジネス事業本部
    技術推進事業部長

        「携帯電話は生活に欠かせないものになっています。24時間365日安心して利用してもらうためには、しっかりしたネットワークを構築し、守っていく必要があります。その任務を担うのが私たちドコモエンジニアリングです」。ビジネス事業本部 技術推進事業部長の山下治輝氏はこう話します。

        携帯電話は進化し続けています。スマートフォン (スマホ) の普及により、一層多様化するサービスにタイムリーに応えていくためには携帯端末の高機能化はもちろん、基盤となるネットワーク設備のさらなる高度化、高速化が不可欠です。

        ドコモエンジニアリングは、どこにいてもどんなときにもつながる NTT ドコモのネットワークを構築し、通話品質を維持・向上させることで携帯電話ユーザーの満足に応えています。災害などの非常時にも安心して利用してもらえる通信を確保し、携帯電話ユーザーとの信頼関係を築いているのです。

    今後3年間で CCIE 資格者を10人以上育成

        スマホやタブレット端末の普及とブロードバンド化により、動画や画像などを手のひらで容易に楽しめるようになりました。SNS やマスメディアなどによる様々なアプリケーションでも今後はますますブロードバンド化が進んでいきます。

        さらに進化するクラウドサービスが加わることで教育、健康、医療などの領域でも新しい活用形態が生まれてきます。

    技術推進事業部 育成運営部長 山口茂樹氏
    山口茂樹氏
    技術推進事業部
    育成運営部長

        ドコモエンジニアリングはこのような変化に対応するため、モバイル領域のさらなる強化として LTE のエリア拡大をはじめ、常に高品質で安定したネットワークを構築し、24時間365日、お客様に安心して利用してもらえるようネットワークを効率的に支え、守ることが重要な使命だと考えています。

        また同社は、NTT ドコモが新たな領域で事業展開する際のサービス、基盤構築に積極的に取り組み、高度な技術者集団であり続け、NTT ドコモとともにさらなる発展を目指しています。

        「高度な技術集団を養成するにあたっては、シスコ技術者認定のプログラムを取り入れ、CCNA をはじめ285人、過去の有資格者を含むと735人の認定資格者がいます。しかし、それに満足することなく、今後3年間で最高位の CCIE 資格者をさらに10人以上育成することを計画しているのです」。技術推進事業部 育成運営部長の山口茂樹氏はこう話します。

    入社3年間で CCNA など業務に必要な資格取得を推奨

    技術推進事業部 技術運営部 技術企画担当部長 小原正充氏
    小原正充氏
    技術推進事業部
    技術運営部
    技術企画担当部長

        ドコモエンジニアリングでは、入社3年間の若手社員研修が3つあります。1つは新入社員の研修。事業方針やドコモショップで顧客対応する研修です。2つめはネットワークの基礎研修。3つめは若手社員の業務体験研修です。入社3年間は、各県のネットワークサービスセンターでの OJT でドコモのネットワークの保守、運用に従事し、知識と経験、チームワーキングを養成していますが、さらに各事業部で業務を体験を受講することでネットワークの設計、建設、監視等を含めたドコモエンジニアリングの業務全体を再認識し、今後のキャリアプランの参考にしているのです。

        「研修内容は、ネットワーク系と IT 系の2つの分野に分けられます。ネットワーク系では主にハードウェアの仕組みや取り扱い方法の習得を、IT 系では新しい IP 技術の習得を目指しています」 と技術推進事業部 技術運営部 技術企画担当部長の小原正充氏は説明します。

        入社3年間で業務に必要な資格取得も推奨しています。CCNA もその1つですが、必要に応じて若手社員枠を設けた研修を開催し、資格取得を積極的に勧めています。そして、その取り組みの1つに今春スタートした高度テクニカル技術者育成プロジェクト 「TOP-GUN」 があります。

     

     

    次回はドコモエンジニアリングの TOP-GUN 施策について紹介します。

     

    > ケーススタディ トップページへ戻る

     

        CLNBanner