Marcus Fan

     

    MarcusFan_7339_402x603.jpgMarcus Fan は、シスコ勤務歴 9 年のオペレーション マネージャです。最初は IT 部門のネットワーク エンジニアを務め、シスコのワイヤレス認定を取得してからほどなく、テクニカル リーダーに昇進しました。その後、エンジニアリング部門のワイヤレス ネットワーキング ビジネス ユニットへと異動し、財務部門のグローバル コーポレート コントローラ組織を経て、現在はサンノゼにあるワールドワイド セールス部門のカスタマー プルーフ オブ コンセプト ラボを運営しています。現在の職務は、チームの責任者として、ソリューション検証サービスを提供し、1 ヶ月あたり数百万ドルに及ぶ取引の販売サイクルを短縮することです。

     

    【Marcus Fan ブログ翻訳】

    ・ 面接に向けての準備 ・ 認定取得への道

     

     

    2012年10月現在、彼はシスコ技術者認定ホルダーを募集しています。
    アメリカでのお仕事にチャレンジしませんか。

     

    応募方法

    Cisco Career Connectionのページで、求人番号:”R929406” で検索してください。

     

    ※本求人は、予告なく終了する場合がありますので、予めご了承ください。

    He is looking for the engineer who has the Cisco Certifications. How about working in San Jose, US?

     

    How to apply

    Please search by “R929406” at the “requisition #” at the web page.

     

    ※ Please understand that this requisition will be ended without notice.

     

     

     

    Fan は非常に学習熱心で、40 種類以上の業界認定を取得しています。最近実施したインタビューで、こうしたすばらしい実績について尋ねたほか、どこで動機を得ているのかについて質問しました。

     

    Fan_Certifications_sm.jpg

     

    現在取得している認定の数と種類を教えてください。

     

    これまでの職歴で、シスコ、Netscape、Sun、Telebit をはじめとしたさまざまなテクノロジーの認定を取得してきました。時間の経過とともに廃止になってしまったものや、名前が変わってしまったものもありますが、私の取得したシスコ技術者認定資格は、取得順に次のとおりです。

     

    Cisco Certified Network Associate(CCNA)

    Cisco Wireless LAN Support Specialist

    Wireless LAN for FEs

    Cisco Certified Design Associate(CCDA)

    Cisco Wireless LAN Design Specialist

    Wireless LAN for SEs

    Cisco Public Access Design Specialist

    Cisco Certified Network Professional(CCNP)

    Cisco IP Communications Support Specialist

    Cisco Certified Internetwork Professional(CCIP)

    Cisco IP Telephony

    Cisco IP Telephony Operations Specialist

    Cisco Certified Design Professional(CCDP)

    Cisco Firewall Specialist

    Cisco VPN Specialist

    Cisco IDS Specialist

    Cisco IP Telephony Design Specialist

    Cisco Certified Security Professional(CCSP)

    Information Systems Security(INFOSEC)Professional

    Cisco IP Telephony Express Specialist

    Cisco IP Communications Express Specialist

    Cisco Call Manager Express Specialist

    Cisco Network Management Specialist

    Cisco Content Networking Specialist

    Cisco Certified Voice Professional(CCVP)

    Cisco Storage Networking Support Specialist

    Cisco Data Center Storage Networking Support Specialist

    4013 認定

    Cisco Advanced Wireless Field Specialist

    Cisco Advanced Wireless Design Specialist

     

     

    最初の認定を取得しようと思った理由を教えてください。

     

    ベンダー認定の取得は、もともと会社の指示で始めたものですが、私のキャリアを特徴付けるイベントへと変わりました。Competency 2000 に向けたトレーニングを受講することから始め、Sun Expert Level 1000 を取得して Solaris 認定管理者になりました。その時はまだキャリアをスタートさせたばかりだったので、認定の取得は余分な仕事だと思っていました。でも、Solaris の専門知識を得たことで新たな世界が開けました。さまざまな業種で技術的スキルを高めることができるようになり、結果的にシスコでのキャリアへとつながりました。

     

     

    シスコに入社した時、上司にトレーニングの受講を勧められましたが、そのトレーニングが最初の認定取得に向けて学習した内容を補強してくれました。その頃はワイヤレス テクノロジーに携わることに喜びを感じており、所属チームがワイヤレス関連のトレーニングを受講する際、私も受講を希望したのですが、CCNA(Cisco Certified Network Associate)を取得していなかったため、上司に却下されました。代わりに、CCNA ブート キャンプを受講しました。このコースを修了し、数か月待ってから試験を受けました。しかし、時間を置いてもうまくいかず、この試験には 3 回目にやっと合格しました。その時からワイヤレスと CCDA に取り組もうと心に決め、現在に至ります。

     

     

    多数の認定を取得し続けたのはなぜですか。

     

    大学生の頃から、テクノロジーの知識を広げて、情熱を傾けることのできるテーマを増やしたいと考えていました。ワイヤレスには大いに興味がありましたが、完全なカリキュラムはありませんでした。新しいことを学びたいという意欲にあふれており、同時に、所属チームに価値をもたらしたいとも思っていました。シスコの提供している認定を見て、サービス プロバイダーやインターネットワーキングの道をとるか、セキュリティの道をとるかで迷いました。1 つのコースの前提条件が他のコースの前提条件となっていたため、複数のコースを取ることが道理にかなっているように思えました。たとえば、Cisco Certified Internetwork Professional(CCIP)を取得するには、IP Telephony 関連の認定の大半と同様に QoS が必要です。私は IT-LAN チームから IT-AVVID チームに移りたいと思っていたため、IP テレフォニーを学習する価値はあると感じました。

     

     

    こうしたキャリア パスを選択した理由と、キャリア目標を達成した方法を教えてください。

     

    厳密にはこのキャリア パスを「選択した」わけではありませんが、認定取得でチャンスが開け、他のキャリアを視野に入れることができました。チャンスが訪れた時、すぐにそれを追求しました。Sun のトレーニングを受講しなければ、キャリア目標を効果的に策定できなかったと思います。ほかには、「人脈」と対人スキルが重要な役割を果たしましたことも確かです。シスコでは、IT 部門から開発エンジニアリング部門、財務部門へと異動することができ、社内のさまざまな部門の人々と関わっています。

     

     

    あなたのキャリアの中で最も独特なものは何ですか。

     

    テクノロジー業界、特にシスコでは、さまざまなチャンスを追求することができると思います。私は最近財務部門に異動し、テクノロジーのリーダーシップを取っていますが、これはまったく予想外の展開でした。正式な財務経験はありませんが、主に認定トレーニングで得た強みを活かすことができます。

     

     

    キャリア目標を達成するうえでどのような問題に遭遇し、どのようにしてその問題を克服したか教えてください。

     

    目標達成のために時間をとることは、他の事を犠牲にすることでもありました。それは必ずしも簡単なことではなく、取捨選択を強いられましたが、数年前よりもはるかにいい位置にいると思っています。

     

     

    これまでの職歴で最も重要な経験はどのようなものですか。

     

    恩返しをすることと人々を教育することが、人生で常に情熱を持って取り組める 2 大事項です。特に、シスコ技術者認定資格で得た知識を活かして指導し、シスコの開発組織(CDO)に所属する従業員の技術的な能力を育成することに、大きな喜びを覚えます。実際に、最近も GradNet というシスコ内のエンジニアリング コミュニティに物流についてアドバイスし、シスコに最近新たに入社した従業員がシスコ技術者認定資格のトレーニングを受講できるようにしました。GradNet のリーダー、チューター、プログラム コーディネータは、無料の学習プログラムを提供し、ソフトウェア エンジニアとハードウェア エンジニアが CCNA を取得できるよう支援しています。私の提供するものが、これまで支援してきた人々の成功に貢献できることを目の当たりにすると、いつでもやりがいを感じます。

     

     

    キャリアのロール モデルとなったのは誰ですか。また、その人たちからどのようなことを学びましたか。

     

    月並みではありますが、家族が私のキャリアに影響を与えました。私の祖父はキューバから米国に移住し、たたき上げで金融業界の副社長になりました。祖父から学んだことは、懸命に働くことの大切さです。母は常に、私のキャリアと教育面での示唆を与えてくれています。母は学費を援助してくれ、私のキャリアに影響を与える重要人物と引き合わせてくれました。母から学んだことは、人脈と、人脈がキャリアに与える影響の大切さです。父は常に私をサポートし、信頼してくれ、夢は叶えることができることを教えてくれました。父から学んだことは、決して夢を見失わないことと、恩返しをすることの大切さです。家族とはたえず話をし、私が学習している内容を説明するようにしています。学習内容を厳密に理解してもらっているとは思いませんが、家族はいつでも幸運を祈ってくれています。家族のほかに私のキャリアに影響を与えた人物には、人は自分の最大の利益を追求すべきであるということに気付かせてくれた Albert Brenes 氏、認定の大切さを教えてくれた Keith Agosta 氏、そして、すばらしい助言者やロール モデルであり、シスコのシニア CCIE としてルーティング、スイッチング、IP テレフォニーについて教えてくれた Brandon Virgin 氏がいます。

     

     

    現在認定取得に向けて学習中の人々と、IT 業界に入りたいと思っている人々へのアドバイスをお願いします。

     

    認定は、達成目標というだけはなく、ライフスタイルでもあると痛感しています。認定を取得するためには、懸命に学習に打ち込むことが必要です。2 ~ 3 年おきに認定を取得することをお勧めしますが、これは他の職種ではあまり見られないことです。自分のキャリアに最大の価値をもたらす分野を学習してください。

     

     

    これからもキャリアで成し遂げたいことは何ですか。

     

    CCIE Wireless に着目していますが、同時に、Project Management Professional や Six Sigma Green Belt などの認定の取得も考えています。現在は、どの道と認定が自分のキャリアと目標に最大の付加価値をもたらすかを検討中です。今後も引き続き、教育とトレーニングを通じて、また、ソーシャル ネットワーキングを通じて、人々の成長を手助けしたいと思っています。